タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Politikus PKS: PPKM Mikro Tak Efektif,
Harus Lockdown

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 25/06/2021 16:12 WIB


下院委員会IXのメンバーであるネティ・プラスティヤンティ氏は、マイクロスケールのコミュニティ活動制限(PPKM)ポリシーの実装は、Covid-19感染の急増を抑制するのに効果がないことが証明されたと述べました。

封鎖する必要があり!マイクロPPKMは効果なし!(PKS党政治家) COVID-19 | PPKM | PSBB

この声明は、今日木曜日(24/6)に20,574を追加することで記録を破った、全国的なCovid-19の毎日の陽性症例の増加に応えてネティ氏によってなされました。

彼女は政府に、現在の感染急増に対応して、大規模社会制限(PSBB)政策またはLockDownを直ちに実施するよう要請した。

「マイクロスケールのPPKMは、人々の移動を制限するのに効果がないことが証明されています。その結果、Covid-19症例の急増を制御することは困難です。

政府は、完全な封鎖でも、すぐに<PSBB>を実施する必要があります」とネティ氏はCNNIndonesia.comに語った。金曜日(25/6)。

彼女は、パンデミック対策は、厳格で堅固な健康プロトコルを実施し、より広いコミュニティの参加を伴う場合にのみ効果的に実行されると説明しました。

彼女によると、政府が中途半端ではなく、健康プロトコルを実行する際に国民に懲戒処分を強制しない政策を立てた場合、パンデミックの処理は効果的ではありません。

「国民は厳格で堅固な規則を通じて健康プロトコルを「規律正しく」行うことを余儀なくされなければならない。堅固で中途半端な規則がなければ、パンデミックの状況にうんざりしている人々は無視し、気にしないだろう。

パンデミックの開始時にPSBBを実装するオプションを選択する必要があります。

過去にジャカルタで実施された厳格なPSBBは、症例数を大幅に減らすことができることが証明されている」と述べた。

一方、専門家チームのコーディネーターであり、Covid-19処理タスクフォースのスポークスパーソンであるウィク・アディサスミト氏は、政府はインドネシアの社会的、経済的、政治的状況と経験を考慮して、Covid-19を処理するためのさまざまなオプションを研究したと述べた。

他の国の経験もあり、マイクロPPKMが依然として最も効果的な取り扱い方法であると結論付けられました。

「それは最小レベルで実行され、人々の経済を殺すことなく実行できるからです。」 ウィク氏は説明した。

ウィク氏は、Micro PPKMの実装における調整メカニズムと役割の分割で、可能な限り正しく効果的に実行されることを要求しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。