タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Semua RS Jakarta Bangun Tenda Darurat,
IGD Jadi Isolasi Covid

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 25/06/2021 12:54 WIB


ブディ・グナディ・サディキン保健相は、政府がDKIジャカルタの緊急治療室(IGD)のすべての部屋を、コロナウイルスにさらされた患者の治療のための隔離室として改造すると述べた。

すべてのジャカルタ病院が緊急テントを建設!緊急治療室が隔離された! COVID-19 | 新型コロナ

その間、救急治療室のサービスは、病院エリアに用意される特別なテントに移されます。

ブディ氏によると、COVID-19患者を隔離するための救急治療室への変換は、2021年6月20日時点で90%に達したジャカルタの病院のベッド占有率(BOR)に続いて行われたと言います。

ブディ氏は記者会見で、「救急治療室のサービスについては、追加の隔離ベッドが使用されるため、病院の外にテントを設置して、入室を確認したい人が救急治療室に入らないようにすることにした」と述べた。インドネシア保健省のYouTubeチャンネルを通じて放送。、金曜日(25/6)

ブディ氏によると、保健省はまた、Covid-19患者を100%治療する権限の下に3つの直接管轄の病院を作ることを決定した。 3つの病院は次のとおりです。 ファトマワティ病院、フレンドシップ病院、スリアンティサロソ病院。

国営企業省の前副大臣は、インドネシア全体で85,000のCovid-19隔離ベッドがあり、60,000で満たされていると述べた。

 しかし、それはWisma Atletのような一元化された隔離ベットは数えられません。 彼は、インドネシア全体の入院患者の最大収容人数は38万9千人に達したと述べた。

「私たちは隔離場所も追加しています。Athlete’s Guesthouseには約5,994のベッドがあり、Nagrak Flatでは7000のレベルに増やしました」と彼は説明しました。

病院の全能力に影響を与えるケースの急増に伴い、ブディ氏はまた、政府とのパンデミックを制御するためにコミュニティ全体が協力するよう要請しました。

住民は、マスクの着用、手洗い、距離を保ちます。

インドネシアでのCovid-19のトラブル事例は、先週の状況悪化を示しています。 ピーク時には、インドネシアは1日あたり20,574人に達する毎日の陽性COVID-19確認症例の追加で新記録を樹立しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。