タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sia-sia Pemerintah & Salah
Kebijakan Populis Hadapi Pandemi

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Sabtu, 26/06/2021 06:46 WIB


ジョコ・ウィドド大統領は、Covid-19感染の現在の急増に対応して、封鎖または地域検疫の推進を拒否することを決定しました。

ジョコウィ氏は、政府がCovid-19の症例を管理するために、マイクロコミュニティ活動制限(PPKM)を実施することを再度決定したと述べた。

パンデミックに直面している政策の無駄と間違った人民主義の政治家の失策?! COVID-19 | PPKM | パンデミック

彼によると、マイクロPPKMは人々の経済を殺さないので、最も適切な政策です。

「政府は、マイクロPPKMがCovid-19の蔓延を食い止めるための最も適切な政策であると決定しました。なぜ政府は、マイクロPPKMを決定したのですか?

それは、国民経済を殺さずに実行できるため、Covid-19を制御するための最も適切な政策だからです。」と述べた。

ジャカルタの前知事はまた、封鎖とマイクロベースのPPKMとの間の政府の政策についてもはや議論しないように国民に求めた。

ジョコウィに氏よれば、どちらも同じ本質を持っています。つまり、コミュニティ活動を制限するということです。

「マイクロPPKM」と封鎖は同じ本質、つまりコミュニティ活動を制限していることを伝えます。そのために議論する必要はありません」と彼は言いました。

しかし、マイクロPPKMの実施は、Covid-19パンデミックに対処する政府の弱い勇気を示していると考えられています。

公衆衛生専門家協会の専門家評議会であるヘルマワン・サプトラ氏は、政府によって設定されたマイクロPPKM政策は、Covid-19の感染の連鎖を断ち切ることではなく、状況を遅らせることのみを目的としていると述べました。

「勇気の欠如、これは現状に過ぎないことを意味します。私たちは物事を遅くし、事件を抑制しようとしているだけなので、変化はありません」とヘルマワン氏は木曜日(24/6)にCNN Indonesia.comと話している時に言った。

彼は、Covid-19の取り扱いにおいて健康面を優先したいという政府の願望が、経済問題と衝突するのを見ました。

彼によると、Covid-19の感染の連鎖を断ち切る努力は、マイクロベースのPPKMではなく、封鎖政策によってのみ行うことができます。

「確かに、大統領は健康を優先したいが、一方で彼はそれを経済とバランスさせたいと思っている」とヘンドローアン氏は言った。

「PPKMはチェーンを断ち切ることを目的としていませんが、ケースを合理化するか、問題解決を遅くすることを目的としています。

ですから、私たちは連鎖を断ち切るという目標には達していません。なぜなら、正しい政策の連鎖を断ち切ると、ロックダウンしないといけないからです」と彼は続けた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。