タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Corona RI 2 Kali Tembus 20 Ribu! IDI:
Varian Delta Menular 10 X Lebih Cepat

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Minggu, 27 Jun 2021 06:45 WIB


インドネシア医師会の理事長であるデーン・M・ファキ氏は、発生したCOVID-19症例の急増が、パンデミック以降、インドネシアのCOVID-19のいくつかのピークを超えていることを明らかにしました。

インドネシアのコロナ感染:2日間で2万!医師会:伝染性デルタ変異体は高速で10倍! COVID-19 | WHO | デルタ変異体

 特に、より速く広がるデルタ変異体の広がりの真っ只中に、たとえば、1月に発生したコロナのピーク。

デーン氏によると、インドネシアのCOVID-19のピークに達するまでに、14,000から15,000の症例が発生し、3〜4か月程度かかりました。

「これを見ると、2日間で2万回の感染を超えています。

昨日は少し落ちましたが、今回の跳ね上がりは、前回の跳ね上がりを上回って非常に高くなっています。

私たちは4つの跳ね上がりを経験しました」と彼は土曜日(2021年6月26日)のパンデミックに対する連帯ウェビナーで説明しました。

「最後に、今年の初めに、跳ね上がりは非常に高く、14〜15,000を突破し、約3〜4か月かかりましたが、2万の跳ね上がりは約2週間しかかかりませんでした。非常に注意してください。」デーン氏は警告した。

デーン氏は、Delta変異体の特性は、元の株の最大10倍まで、より迅速に広がることが証明されたと説明しました。

以前はCOVID-19に対してより「抵抗力のある」であった子供の年齢でも重度の症状を訴える事件は現在増加している。

「ウイルスの特徴は並外れており、突然変異は速く、この突然変異が発生すると、より感染性の高い新しい株が生まれます。

おそらく、デルタ株の伝染は10倍速い」とデーン氏は説明した。

それだけでなく、OTG(無症状感染者)コロナの症例も増え続けています。 しかし、COVID-19の無症候性で、どこにでも広がり、症例数を特定することは困難です。

「これはウイルスの特性のものであり、感染は跳ね上がりの可能性があるだろう」と彼は説明した。

デーン氏は、世界保健機関(WHO)のガイドラインに従って、名前が何であれ、人の移動には厳しい制限があるべきだと強調しました。

 健康プロトコルの実施など、管理側でのCOVID-19の取り扱い、移動性の制限がうまくいかない場合、COVID-19の発生を即座に制御することは困難になります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

2 thoughts on “インドネシアのコロナ感染:2日間で2万!医師会:伝染性デルタ変異体は高速で10倍!

  1. 無症状感染者は自分が感染していると思って居ませんので、当然行動制限も気を使っていないと思われます。

    何ヵ所かの地域を徹底検査して実態を把握する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。