タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ragam Saran Mengemuka Kala
Lonjakan Corona Belum Juga Reda

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Minggu, 27 Jun 2021 08:04 WIB


インドネシアのコロナの陽性症例は急増し続けています。 エピデミックの蔓延を抑えるために、さまざまな提案が浮上しました。

提案は学者の中から医師に向けられました。 彼らは、インドネシア、特にJabodetabekk(ジャボタベック地域)でのポジティブなケースの急増がすぐに解決されることを望んでいます。

コロナの跳ね上がりがまだ終わっていない時に、さまざまな提案! COVID-19 | 新型コロナ

<MUI議長の提案>:インドネシアウラマー評議会

COVID-19パンデミックの1.5年間で、20,000体がCOVID-19の取り扱い手順で埋葬されました。 ジャカルタの空き墓地はますます小さくなっています。 インドネシアウラマー評議会(MUI)は、COVID-19の遺体をまとめて埋葬することを提案しました。

「ジャカルタでのCOVID-19犠牲者の埋葬のための土地の不足を見て、集団埋葬の実施を研究することができます。

これは、1つの穴に複数の遺体を埋葬することを意味します。これは「イスラーム聖職者会議」MUIファトワで規制されています」とシャリアのMUI議長は述べました。

とハラール経済学ショラフディン・アル・アイユ氏の声明。MUI公式ウェブサイト、土曜日(2021年6月26日)。

ファトワ:イスラム法に基づいて発令される勧告、布告、見解、裁断

彼は、MUIファトワ委員会がCOVID-19に感染したイスラム教徒の遺体の管理に関するガイドラインに関して2020年のファトワ番号18を発行し、遺体の埋葬のメカニズムについても議論したと説明した。 ショラフディン氏は、1つの穴に遺体を埋葬することが、コロナウイルスのパンデミック時の問題の解決策になる可能性があると説明しました。

「棺桶に入れられたCOVID-19の犠牲者の遺体は、地層が並んでいる墓地に入れることができます。

大量埋葬は今のところ一時的な解決策になると予想されます」と

2015/2020年のファトワのMUIの副事務総長であるショラフディン氏は言いました。

2020年のファトワ第18号は、2004年のMUIファトワ第34号の規定に規定されているように、緊急事態のために1つの墓に複数の遺体を埋葬することを許可することを規定しています。緊急時の死体の管理として、

<インドネシア医師会会長からの提案>

多くの病院(RS)は、COVID-19症例の急増の影響を受けた患者の取り扱いでいっぱいです。 インドネシア医師会は、軽度の症状を持つコロナ患者のためにホテルにGOR(ユーススポーツセンター)などの避難所を設立するよう政府に助言しました。

「かつて、急増があったとき、今やらなければならない戦略がありました。それは何ですか?政府は避難所を設立しました。ホテルは避難所になり、症状が軽い人たちのために、GORは避難所になり、空の建物は避難所になりました。」と述べた。

インドネシア医師会会長 デーン氏は、土曜日(26/6)にSmartFMが放送した仮想ディスカッションで述べた。

デーン氏によると、COVID-19患者の大多数は軽度の症状しか見られなかったため、無症状感染者は実際に病院を埋め尽くしました。

彼は政府に、無症状感染者と軽度の症状のあるCOVID-19患者で満たされるように避難所をすぐに開くように促した。

「病院がいっぱいになるのはこのような場合です。これが過半数なので、これは奨励されなければなりません。病院がいっぱいにならないように、ホテル、GOR、建物が開かれます」と彼は言いました。

一方、デーン氏は、コロナウイルスの処理において上流戦略ではなく下流戦略に焦点を当てようとした政府の努力を後悔しました。

彼によると、上流戦略はより費用効果が高く、面倒にならない。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。