タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Alasan BPOM Izinkan Uji Klinis Ivermectin
untuk Covid-19

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 28/06/2021 16:40 WIB


食品監督庁(BPOM)は、多くの出版物がコロナウイルスの場合の薬の利点を主張したため、イベルメクチンの使用に関する臨床試験の実施の承認(PPUK)が与えられたと述べました。

これが理由?食品監督庁がCovid-19のイベルメクチン臨床試験を許可する! COVID-19 | イベルメクチン | 新型コロナ

「疫学データと世界的な出版物は、イベルメクチンがCovid-19の予防にも使用されていることを示しています」と食品監督庁 ペニールキト氏の責任者は、インドネシアの食品監督庁エージェンシーYoutubeで月曜日(28/5)に放送された記者会見で述べました。

ペニー氏は、Covid-19患者へのイベルメクチンの使用は、臨床試験プロセスの範囲内である限り、世界保健機関(WHO)によっても許可されていると述べました。

同じ意見は、他の国のいくつかの薬局機関によっても伝えられ、そのうちの1つはヨーロッパの欧州医薬品庁(EMA)でした。

「このため、BPOMは、保健省の健康研究開発庁によって開始された臨床試験の即時実施を促進するというWHOの勧告に沿っています」と彼は言いました。

この臨床試験で、ペニー氏は、一般大衆がCOVID-19の薬としてイベルメクチンにすぐにアクセスできるようになると言いました。

ただし、臨床試験以外では、医師が処方し、臨床試験で確立されたプロトコルに従っている限り、イベルメクチンの使用も許可されます。

さらに、ペニー氏は、イベルメクチンの使用は、Covid-19の発生率を抑えることを目的として多くの国で行われたと主張しました。 インド、チェコ、ペルー、スロバキアのように。

イベルメクチンは経口駆虫薬であり、BPOMによると、Covid-19薬として分類される強力な証拠はまだありません。

<参考資料>

イベルメクチンは、マクロライド類に属する環状ラクトン経口駆虫薬。腸管糞線虫症の経口駆虫薬、疥癬、毛包虫症の治療薬でもある。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。