タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Catat! Vaksinasi Anak di
RI Bisa Pakai Sinovac dan Pfizer

オンラインメディア「CNBCIndonesia」が伝えています!
29 June 2021 10:40


ジョコ・ウィドド大統領は、12〜17歳のCovid-19ワクチン接種はすぐに開始できると強調し、BPOMはその年齢のシノバックワクチンの緊急使用を許可しました。

これに関連して、保健大臣のブディ・グナディ・サディキン氏は、シノバックが子供と青年に使用される唯一のワクチンではないことを強調しました。 8月にはさらに多くのことがあります。

メモして! インドネシアの子供の予防接種はシノバックとファイザーを使用が可! COVID-19 | シノバック | ファイザー

火曜日(2021年6月29日)のdetikcomを引用して、大手財閥企業CT CorpとのCovid-19ワクチン接種中に会ったとき、保健大臣は「緊急使用許可を受けた18歳未満のワクチンはすでに2つある」と述べた。

「1つは私たちが使用するシノバック、もう1つは8月頃に到着するファイザーです。しかしそれは後で、大統領から伝えられるでしょう」と彼は続けました。

さらに、ジョコウィ大統領はまた、BPOMが12〜17歳の子供に使用されるシノバックワクチンの許可を発行したと述べました。

「BPOMが12〜17歳の子供に安全であると宣言されているシノバックワクチンの緊急使用許可許可を発行したことにも感謝しています」とジョコウィ氏は述べています。

「その年齢の予防接種をすぐに開始できるように」と彼は続けた。

これまで、BPOMはワクチンに関する公式声明を発表していません。

それでも、最近、シノバックワクチンの評価結果に関する手紙が回覧され、12〜17歳のワクチンの使用は安全であると述べられました。

「第I相および第II相臨床試験の安全性データの手紙に基づいてBPOMは言った。

3〜5歳および6〜11歳と比較して、12〜17歳の人口における発熱の形での全身性AEプロファイルは報告されていません。


参考資料:局所反応 – 堀ノ内病院のページより 全身性AE


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。