タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Mau Divaksinasi? Ini Bedanya Vaksin Sinovac,
AstraZeneca, dan Sinopharm

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 29 Jun 2021 16:13 WIB


これまで、インドネシアでは、COVID-19の感染を抑制するために、シノバックワクチン、シノファームワクチン、アストラゼネカワクチンの3種類のコロナワクチンを使用してきました。

現在、ワクチン接種は一般の人々を対象に、第3段階に入っています。

どのワクチンを受けたいですか?これが、シノバック、アストラゼネカ、シノファームワクチンの違い! COVID-19 | アストラゼナカ | シノバック

 ただし、精神障害者(ODGJ)や障害者など、脆弱性の高いグループが優先されます。

 同様に、すべてがコロナワクチン接種を受けていない高齢者も。

インドネシアで使用されている3種類のコロナワクチンのうち、これはそれらの有効性と副作用のリストです。

シノバックワクチン
1.有効性

最近、シノバックワクチンはWHOから緊急使用許可を受け取りました。

これは、シノバックが品質と安全性に関連する国際基準を満たしていると見なされていることを意味します。

臨床試験の結果に基づいて、食品監督庁は、シノバックの有効性は65.3%であると述べました。

この数値は、50%を超えるWHOの要件を満たしています。

シノバックワクチンを接種したDKIジャカルタの医療従事者に関する予備調査では、実世界で90%以上の効果があることが示されました。

2.副作用

バンドンでの臨床試験では、シノバックの副作用は軽度から中等度であることが示されています。

一般的な局所副作用は次のとおりです。

  • 痛み
  • 硬結または刺激
  • 発赤
  • 腫れ。
  • 全身性の副作用は次のとおりですが:
  • 筋肉痛または筋肉痛
  • 倦怠感または倦怠感
3.注射の投与量と間隔

シノバックのCOVID-19ワクチンは、1回の注射あたり0.5 mlの用量で、18〜59歳の成人の1回目と2回目の注射の間隔は28日です。

さて、それはシノバックワクチンです。

アストラゼネカワクチン
1.有効性

ランセット(※)での研究を参照すると、ブラジル、南アフリカ、英国での第3相臨床試験では、アストラゼネカCOVID-19ワクチンの有効性が70.4%に達したことが示されました。

一方、WHOは、アストラゼネカワクチンは63.09パーセントがCOVID-19感染の症状を予防することができたと述べました。


(※)『ランセット』(英語: The Lancet)は、週刊で刊行される査読制の医学雑誌である。同誌は世界で最もよく知られ、最も評価の高い世界五大医学雑誌


2.副作用

免疫化後の有害事象に関する全国委員会は、2021年5月まで、アストラゼネカワクチンの注射後に約9,000例の非重篤なAEFI(予防接種後副反応)と18例の重篤な予防接種後副反応があったと述べました。 重篤でない症状には、発熱、痛み、吐き気、倦怠感などがあります。

しかし、アストラゼネカワクチンは、特に若いワクチン接種者において、血栓の症例を引き起こすことが何度か疑われています。

3.投与量と投与間隔

アストラゼネカワクチンの1回目と2回目の注射は、12週間間隔または約3か月間隔で行われます。 このタイミングは、最良のワクチン有効性のための最も適切な間隔の研究を指します。

「8〜12週間の間隔は、ワクチンの有効性の向上に関連しています」とWHOは公式ウェブサイトで述べています。

シノファームワクチン
1.有効性

アラブ首長国連邦といくつかの国で42,000人以上の被験者を対象に実施された第3相臨床試験では、シノファームワクチンの有効性は78.02パーセントであることが示されました。

2回目の注射から14日後のワクチンの免疫原性(※)の測定に基づくと、成人の98.09パーセントと高齢者の97.62パーセントが抗体形成を経験しました。

(※)免疫原性:、抗原などの異物が、ヒトや他の動物の体内で免疫応答を引き起こす能力である。
<ウィキペディア>

免疫原性に関しては、成人の99.52%と高齢者の100%が、SARSCoV-2ウイルスを中和できる抗体の形成を示しました。

2.副作用

国家医薬品食品監督庁の責任者であるペニー・ルキト氏は、シノファームワクチンの副作用は十分に許容できると述べました。各副作用の発生頻度は0.01%または非常にまれでした。

軽度の局所副作用には、痛みや発赤が含まれます。全身性の副作用には、頭痛、筋肉痛、下痢、咳などがあります。

3.注射の投与量と間隔

「承認された適応症は、21〜28日間の期間で2回投与することにより、SARS CoV-2ウイルスと戦い、18歳以上の成人のCOVID-19を予防する免疫を提供する抗体を形成する」とペニーは公式声明で説明しました、火曜日。(18/5/201)。

2021年5月11日の保健大臣の声明によると、Gotong Royongプログラムでのシノファームワクチンの1回接種の費用は321,660ルピアで、ワクチン接種サービス率は1回あたり117,910ルピアです。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

2 thoughts on “どのワクチンを受けたいですか?これが、シノバック、アストラゼネカ、シノファームワクチンの違い!

  1. この中から私が受けるとしたらアストラゼネカです。

    中国のワクチンは不活化ワクチン
    これはインフルエンザに用いられている様に安全性は高いですが効果の薄いワクチンです。
    又インフルエンザではA型B型C型D型と別れていますがインフルエンザの型に合ったワクチンを接種しないと効果はありません。

    新型コロナは武漢型から始まり変異を繰り返しています。
    この変異を繰り返したコロナウィルスに中国製不活化ワクチンが効果が高いとは思えません。

    不活化ワクチンの素材としては死んだウィルスを用います。
    このウィルスは武漢型を使用していると思われます。
    変異型が主流の今、WHOに承認申請したとして承認が下りるでしょうか?

    又50%で承認するWHOの判断基準にも違和感を感じます。
    2人に1人しか効果の無いワクチンを承認する?

    1. ありがとうございます。
      専門家さんから見ても、そうであれば、おそらくそれが1番信用できそうです。

      また、もう一つの考え方として、やはり、いままでの、さまざまの情報から見て、
      国への信用や、メーカーへの信頼などで決めるしかないですね!

      でもそうは言っても、いずれの会社についての信用を確認しようがありませんが、
      でも1つ言えるかもしれないので、「安かろう、悪かろう」です。

      なぜなら、これが、世界の常識だからです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。