タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

14 Juta Bahan Baku Vaksin Sinovac
Kembali Tiba di Indonesia

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えます!
Rabu, 30/06/2021 13:46 WIB


インドネシアは、中国企業シノバックが製造したコロナウイルスワクチンの原材料の到着を、水曜日(30/5)の12.45WIBに1,400万回分受け取りました。

1,400万のシノバックワクチン原材料(その他中国製も含め)がインドネシアに コバックス | シノバック | シノファーム

スカルノハッタ空港に到着した数千万回分のワクチンは、ワクチン到着の18番目の段階であり、いくつかのコンテナまたは冷蔵施設で運ばれます。 その後、ワクチンはバンドンのバイオファーマオフィスに運ばれ、さらに処理されます。

ブディ・グナディ・サディキン保健相は記者会見で、「今日、中国からさらに1,400万回分のワクチンが原材料の形で提供されているため、到着したワクチンの原材料の合計は、1億500万回分である」と述べた。記者会見はオンラインで放送されます。大統領事務局のYouTubeチャンネルを通じて、水曜日(30/6)

テキストメッセージで再確認​​されたブディは、前の声明を訂正しました。 彼は、正しい数のワクチンの到着が1,400万回であることを確認しました。

「はい、1,400万回です」とブディはCNNIndonesia.comへの短いメッセージで言った。

今日の新しいワクチンの到着により、インドネシアにはすでに数億回のワクチンがあり、シノバックは1億500万回、アストラゼネカは8.200万回、シノファームは200万回の詳細があります。

ブディ氏は続けて、1億500万回分のワクチン原液は8,500万回分の完成ワクチンに加工されます。

政府は、シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、ノババック (アメリカ・日本)の4つのワクチンブランドを国の予防接種プログラムで使用することを一時的に決定しました。

Gotong Royong(相互扶助)ワクチンに関しては、これまでに使用されるワクチンブランドは、シノファーム、カンシノ(中国製)、スプニック(ロシア製)、およびAnhui Zhifei Longcom(中国製)です。

「1億500万回から、私たちが使用できるワクチンは8,500万回分になり、今から1か月後に準備が整います」と彼は言いました。

さらに、ブディ氏はまた、近い将来、インドネシアはワクチンと免疫化のためのコバックス・グローバル・アライアンスの多国間協力スキームを通じてアストラゼネカワクチンを取得すると述べた。

このファシリティは、世界保健機関とGAVIの間のワクチン開発コラボレーションです。 GAVIスキームによるワクチン調達は、Covid-19ワクチンを入手するために貧しい国と発展途上国に平等にアクセスするために無料です。

「インドネシアに入るワクチンの数は時間とともに増加します。「グローバル・アライアンス」からワクチンの無料寄付があります。今月はアストラゼネカに、8月にはファイザーから接種されます。したがって、第2期に入るワクチンの数は増加します。 彼は結論を下した。

参考資料

  • 「コバックス」:新型コロナワクチンの公平な分配を目指す国際的枠組み
  • グローバル・アライアンス(GAVI):ワクチンと予防接種のための世界同盟
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

6 thoughts on “1,400万のシノバックワクチン原材料(その他中国製も含め)がインドネシアに

  1. インドネシア政府は変異に対応しにくいと言われる不活化ワクチンをこれからも使うのでしょうか?

    1. 使うでしょう。
      まずは値段の問題。
      次に、世界各国を見ています。

      ジェトロのサイトに書いてありました!

      世界保健機関(WHO)は6月1日、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを緊急使用リストに追加した。
      これにより、新型コロナウイルスワクチンの公平な配分を目指す国際的な枠組み「COVAXファシリティ」でも、今後、シノバック製ワクチンが使用可能となる。

      https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/06/048cb42c2965752d.html

  2. 世界全人口の70%が抗体を取得すればコロナは終息すると言われています。
    WHOは50%以上の効果でワクチンを承認をします、矛盾しています。

    ファイザーやモデルナは90%以上の効果があります。
    しかし80%以上の国民が接種しないと70%以上の抗体取得には至りません。
    アストラゼネカだと90%以上の接種率が必要です。

    WHOの効果50%以上で承認は中国への忖度に思えます。
    変異種が主流に成った今、中国製不活化ワクチンは50%以下かもしれません。
    前保健省の大臣が中国製ワクチンを使用承認しなかった理由の1つだと思います。
    もう1つは治験を公表していない、安全性の面からだと思います。

    1. いつもありがとうございます。

      この中国製ワクチンの、 中国国内での実態は、明らかにされない。
      もちろんご外国にも、出てこない。
      でもインドネシアでは、それを気にせずどんどん入れていく。
      アラブの一部の国には、使われているはずなのに。

      何を元に、何を信じてこのワクチンを入れ続けているのか?
      根拠がまったくわからない。
      どうやら、インドネシア国民にも知らされていない。

      おそらくここまで行くと、もういまさらリスクを明らかにできない、
      私の個人意見ですが、状況まで来てしまっているような気がします。

      インドネシアの場合は、それより、袖の下の話だと思われます。

      だから逆に言えば、ヨーロッパみたいに、世界的に非難されたら、
      掌を返す可能性も少しは残っています。

  3. ワクチン接種が進み、日本も7月からワクチンパスポートを導入する様です。
    このワクチンパスポートにより入国の際に隔離免除や短縮が始まります。

    フランスでは中国製ワクチン接種のパスポートを受け付け無いと発表があり、トラブルに成っています。
    これから中国製ワクチンを使用承認されていない国(主に先進国)がどう成るのか?

    こんな所でも弊害が出そうです。

    1. ありがとうございます !

      そうなんです。巡礼したいインドネシアイスラム教徒も、サウジアラビアに入れないかも?
      心配しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。