タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

New Normal Singapura:
Gejala Ringan Covid-19 Cukup Isoman di Rumah

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
02/07/2021, 07:48 WIB


シンガポール、KOMPAS.com –後に軽度の症状でCovid-19に感染したシンガポール人は、入院する必要がなくなりました。

この方針は、シンガポールがCovid-19と共存するための青写真の1つになります。

シンガポールのニューノーマル!Covid-19軽度の症状では、自宅で自己隔離! COVID-19 | ワクチン | 新型コロナ

 「将来、Covid-19に感染した場合、医師は病気の証明書を提供し、患者はそれぞれの家で自己隔離を受け、十分に休息し、Covidが陰性になるまで定期的に検査します。」と述べた。

シンガポール保健大臣の「オンイェクン」氏は、木曜日(1/7/2021)のThe Straits Timesとの独占インタビューで述べた。

「その後、患者は家を出ることができる」と彼は続けた。現在、軽度の症状のあるシンガポール人は、隔離された特別な回復施設で治療を受けなければならない。オン大臣は、実際には病気の手紙は必要ない、と付け加えた。医師からの病気のメモを提出することなく、単にオフィスに通知するだけです。

一方、コロナウイルスにさらされる可能性のある住民、たとえば患者と同じ公共の場所にいる住民は、薬局で購入できるツールを使って自分自身をテストするために、シンガポール保健省からSMSを受け取ります。

病院は、重度の症状または重度の状態のCovid-19患者に集中します。

上記の政策計画は、シンガポールで流行しているCovid-19と一緒に暮らすための新しい常識となるでしょう。オン大臣は、Covid-19との同居へ、「ニューノーマル」の移行を開始する決定は、科学的考察に基づいて行われたと述べた。

パンデミックの軌跡、ワクチン接種率、および治療の質がこれらの考慮事項です。

「シンガポール人はCovid-19にうんざりしています。政府が活動をしたり、社交をしたり、友達に会ったり、散歩に出かけたりする市民の動きを制限し続けることは不可能だ」と51歳の大臣は付け加えた。

参考資料:在シンガポール日本国大使館ウェブサイト
  • WHOの勧告によりシンガポール政府は感染者数の発表を取りやめました。
  • シンガポール保健省の対策は「症状軽減」にしました。

カテゴリー「ニュース」記事リスト


新プロジェクトをスタート

現在、まだまだ適切な翻訳が出来ておりませんが、インドネシアローカルニュースの「和訳と編集員の意見」を更新させていただいております。ありがとうございます!

皆様のさまざまなフィードバックをいただきながら、記事更新をさせていただいておりますが、
試験運用で今回「期日限定」7月末で、投げ銭システムを初めてみようと思います。お気持ちをいただく事で、さらに、やりがいが上がり頑張れると存じます。是非お試しください!

但し、投げ銭をいただけなくても、従来通り、普通に記事をお読みになる事はできます。

もし、なにがしらの応援をいただける様でしたら、国内のみですが、
Gojek, OVO 両方のアプリをお使い、投げ銭をお願いいたします!
金額は基本お任せいたしますが、Rp20.000Rp〜程度を考えております。

OVOのアプリなら、082113875657 ( Kazu Rizka )

Gojekt  アプリなら、08129952066 ( Hayashi Kazu )

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。