国連保健機関は、「パンダの土地」(中国)ワクチンを拒否することは、安全で効果的であることが示されている薬への信頼を損なうことになると強調しました。

中国製を含む、利用可能なすべてのCovid-19ワクチンをすべての国が使用するための世界保健機関(WHO)の声明の中で、国連保健機関は、「パンダの土地」ワクチンを拒否すると、安全で効果的であることが示されている薬への信頼を損なうことになると強調しました。

現在、WHOは「シノバック」および「シノファーム」ブランドのワクチンの緊急使用を承認しています。

WHOの評価では、2つのワクチンがコロナウイルスによる入院と死亡を減らすことが示されています。

シノファームとシノバックに加えて、承認されている他のCovid-19ワクチンは、ファイザー、モダニナ、アストラゼネカ、ジョンソン&ジョンソンです。

現在、ほとんどのヨーロッパおよび北米の国々は、「パンダの土地」ワクチンの承認を与えていません。

5月、欧州連合は、欧州医薬品庁(EMA)によって承認されたワクチンを受け取った場合に限り、市民が旅行できるようにするための勧告を発表しました。

現在、ヨーロッパの医薬品規制当局はシノバックを検討しています。 いつ承認されるかは不明です。 木曜日(2021年7月1日)のリリースで、WHOは各国に他のワクチンを差別しないように求めました。

「作成された2階級制度は、世界的なワクチンギャップを拡大し、ワクチン流通における目に見える不平等を悪化させるだろう」とWHOは述べた。

 保健機関によると、差別はパンデミックによる景気回復に悪影響を与えるだろうと述べた。

ニューズウィークが報じたところによると、「パンダの土地」が製造するワクチンは、殺されたコロナウイルスで作られています。

 一方、西洋のワクチンは、ウイルスに付着した「タンパク質のとげ」を標的とする、より高度な技術を使用しています。

ファイザーやアストラゼネカなどのワクチンに依存していることを除けば、多くの発展途上国は、中国製のワクチンも輸入しています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


    6 thoughts on “WHOは世界中に中国製のCovid-19ワクチンを使用するように求める!

      1. コメントありがとうございます!
        そうなんです !
        なんでこんな事を言い出したか?
        よほど中国製が出回らないのでしょうね。
        でもこんな事を言っても何も変わらないと思いますが。
        それと、お尋ねしたいのですが、
        50〜60年代の人間なら、シノバックか?アストラゼナカ?
        選択の条件として、後20年間ぐらいの寿命と考えると
        遺伝子レベルでの問題発生を考えると、アストラゼネカを選べるとも思いましたが、
        どう思われますか?
        遺伝子レベルでのトラブルを考えると、
        子供たちはシノバックやシノファームなの方が良いのか?

    1. 私ならアストラゼネカを選びます。
      不活化ワクチンはADEの可能性が0ではありません。
      又、治験を公表しないのは出来ない何かがあるかもしれません。
      もし、シノバック製ワクチンしかないとしたら私はワクチン接種を拒否します。

      1. なるほど。ありがとうございます。
        ADEの問題なのですね。
        mRNAワクチンは、ADEが起きにくいのですか?
        また、さまざまに、海外へ移動される人であると、パスポードや証明書を持ち歩く時に
        このシノバックやシノファームが含まれないと困ります。
        これが、巡礼者が悩んで、困っている原因でもあります。

    2. いえ、ADEより治験を公表していない怖さですね。
      不活化ワクチンは従来のインフルエンザワクチンの製法です。
      この製法は何年或いは10年以上の治験を重ね効果や安全性の治験を積み上げて承認されるかされないかというワクチンです。
      何10というワクチンが治験段階でふるい落とされます。
      ふるい落とされるか原因の中で怖いのは副反応です。
      中国製品は治験を公表していない、効果が薄い事より副反応に何が起こるか分からない事です。

      1. ありがとうございます!
        なるほど。こちらですね。
        「わからない」は怖い事ですね。
        危なくても、それがわかっていれば、止めることが、コントロールする事ができますから。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。