タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

PT Indofarma Tbk社(製薬会社)は、20錠のボトルあたりイベルメクチン12 mg錠の付加価値税を含む正味薬局価格は、123,200ルピアまたは1錠あたり6,160ルピアに相当すると述べました。

一方、付加価値税を含む最高小売価格は、1錠あたり157,700ルピアまたは7,885ルピアに相当します。

インドファルマ社は最も高価でも、イベルメクチンをRp157,700で販売! COVID-19 | イベルメクチン | キミアファーマ

「イベルメクチン製品の流通は、医薬品卸売業者によって行われ、医薬品卸売業者は、Good Drug Distribution Methodsのガイドラインに従って問屋に流通するようになっています」と同社は金曜日の公式声明で説明しました。 (7月2日)

同社は、2021年6月20日に、BPOM から販売許可番号:GKL2120943310A1で、ジェネリック製品イベルメクチン12 mgの箱入り、1ボトル@ 20錠の販売許可を取得しました。

同社は2021年7月上旬から8月に1380万錠を生産することを目標としています。

「現在、同社のイベルメクチン製品は、キミアファーマとハロドック薬局のネットワークで医師の処方箋を介して入手できます。製品の一般への流通のニーズに応じてネットワークを拡大します」と同社は述べています。

イベルメクチンの知名度は、国有企業大臣のエリック・トヒル氏が、症例の急増の中でCOVID-19の治療薬と呼んだ後に上昇しました。 同様の主張は、大統領首席補佐官のムルドコ氏によってもなされた。

ムルドコ氏は、インドネシア農業者協会の会長として、数千回分のイベルメクチンをクドゥス県に送りました。

この薬は、クドゥス県がCovid-19の症例で急増した時に送られました。

「FLCCCアライアンス(全米で新型コロナの救急救命の最前線に立ってきた医師団体) によると、ブラジル、ジンバブエ、日本、インドなど、33か国がCovid-19の治療にイベルメクチンを使用している」ムルドコ氏は先週の月曜日のウェビナーで述べた。

間違いなく、これらのハードドラッグ(医師の処方箋を使用してのみ購入できる薬)はますます一般の人々によって狩られており、特に電子商取引においてそれらの価格は上昇しています。

実際、食品監督庁は、COVID-19薬としてのイベルメクチンの臨床試験の実施を承認したばかりです。

「食品監督庁エージェンシーは、保健省の健康研究開発エージェンシーによって開始された臨床試験の即時実施を促進するというWHOの勧告に沿っています」と

食品監督庁エージェンシーのYouTubeで放送された記者会見で、今週はじめに、食品監督庁の責任者のペニールキト氏は述べました。

Covid-19タスクフォースの議長である、インドネシア医師協会の理事会であるズバイリ・ジョルバン氏も、コロナウイルスにさらされた患者の治療にイベルメクチンを使用することを推奨しなかったと述べた。

ズバイリ氏によると、イベルメクチンは実験室でのin vitro試験で抗ウイルス薬の可能性があるが、まだ根拠に基づく医療にはなっていないという。

「インドネシア医師協会は今のところCovid-19患者にイベルメクチンを使用することを推奨していません。まったく推奨していません」とズバイリ氏は、しばらく前にCNNIndonesia.comに語った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。