タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

米国は、コロナウイルスの発生との戦いで、400万回分のモデルナ製のCovid-19ワクチンをインドネシアに送ります。

ロイターが報じたように、米国の国家安全保障問題担当補佐官ジェイク・サリバンは、金曜日(2021年2月7日)にインドネシア外務大臣に計画を提出した。

米国が400万回分の「モデルナ製」ワクチンをインドネシアに送る! COVID-19 | コバックス | シノバック

ホワイトハウスの声明によると、「レトノ・マルスディ氏との電話会談で、ジェイク・サリバン氏は、投与分は「コバックス」のグローバルワクチン共有プログラムを通じてできるだけ早く提供されると述べた」と述べた。

サリバン氏は、この寄付は、Covid-19症例の急増と戦うインドネシア国民に対する米国の支援であると強調していると述べた。

2人の当局者はまた、インドネシアのより広範なCovid-19対応努力への援助を増やすという米国の計画について話し合った。

「サリバン氏は、インドネシア、東南アジアにおけるバイデン・ハリス政権の重要性を強調し、パンデミックをより広範で終わらせ、継続的な支援と高レベルの関与を約束した」と声明は述べた。

インドネシアは世界で4番目に人口の多い国であり、アジアで最悪のコロナウイルスの発生と戦ってきました。

インドネシアは、金曜日の時点で25,830例を含む、過去12日間のうち8日間に新たな感染を記録し、539人の死亡を記録しています。

インドネシアは主に中国のシノバックビオテック社のワクチンに依存していますが、供給源の多様化に取り組んできました。

食品医薬品局の責任者であるペニー氏は、金曜日の初めに、モデルナ‘ワクチンを緊急使用することを許可したと述べました。

ワシントンは、いわゆるワクチン外交を通じて地政学的影響力を深めるために北京と競争しています。

それにもかかわらず、米国は援助を得たり譲歩を引き出したりするためにワクチンを共有しているのではなく、命を救い、パンデミックを終わらせるためにワクチンを共有しています。

先月、バイデン政権は、先進国と発展途上国の間の予防接種率の格差が懸念される中、8000万の初期米国製ワクチンを世界的に配布することを約束しました。

米国は、フィリピン、ベトナム、タイ、ラオス、パプアニューギニア、カンボジアを含む他の東南アジア諸国にワクチンを提供する計画を発表しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。