タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

PPKM Darurat, Begini Bocoran Syarat Penumpang
dari Luar Negeri Masuk RI

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Sabtu, 3 Juli 2021 09:17 WIB


Covid-19処理タスクフォースの責任者であるガニプ・ワルシト氏は、ジャワとバリの「緊急PPKM・小規模行政単位の行動制限」期間中に、海外からの旅行の手配を完了していると述べました。

この規定は外国人、インドネシア国民、および移民労働者に適用されます。

「これは、外務省、法務人権省、タスクフォースおよび他のいくつかの省庁との調整の過程にある」とガニップ氏は2021年7月2日金曜日の記者会見で述べた。

「緊急PPKM・小規模行政単位の行動制限」、これが海外からインドネシアに際に入国する乗客から漏れてきた条件! COVID-19 | PCR | ワクチン

それにもかかわらず、ガニプ氏は海外から来る乗客のためにいくつかの方法を伝えました。

国内の交通機関と同様に、後で、海外から到着したばかりのインドネシア国民もワクチンカードを提示する必要があります。

「後で、予防接種を受けていない場合は、到着時にワクチンを手配します。検査後、陰性と宣言された後、予防接種を行います。

その後、5日間隔離し、PCRが陰性の場合、目的地に向かいます。」彼は言った。

インドネシアに入国する外国人については、2回目までのワクチン接種が設定される予定です。

 「これは私たちが計画していることであり、現在はまだ最終段階にあります。1、2日以内に発表することを願っています。」

以前は、「緊急PPKM・小規模行政単位の行動制限」に関連して、運輸省は、陸、海、空、および鉄道セクターにいくつかの回覧を発行していました。

この通達は、2021年のCovid-19タスクフォース通達番号24を指し、2021年7月5日に発効します。

政府のレターによれば、制限期間中に旅行者が満たさなければならないいくつかの要件を規制します。

要件には、とりわけ、長距離の旅行者、およびジャワ島との間の旅行が含まれ、バリ島は、少なくとも初回投与でワクチン接種されたカードを提示する必要があります。

2×24時間のRT-PCR結果または1×24時間の抗原検査。

さらに、ジャワ島とバリ島の移動の引き締めは、旅行者は、ワクチン証明書と2×24時間のRT-PCR結果、または海、陸、横断、および長距離列車モードで最大1×24時間有効な抗原検査を持っている必要があります。

特に航空機の場合、旅行者はワクチン証明書と必須のRT-PCRテストを持っている必要があります。

これはジャワ島とバリ島で最大2×24時間有効です。

さらに、乗客は飛行機、海、フェリーの旅行でe-Hacに記入する必要があります。

ワクチン証明書は、ジャワおよびバリ以外の移動要件には必須ではないと判断されています。

旅行期間中に医学的理由でワクチンの接種を除外された人にもワクチンは義務付けられていません。

その他の規定として、運輸省は、この「緊急PPKM・小規模行政単位の行動制限」中の輸送能力と営業時間にも制限を課しています。たとえば、航空機の場合では、容量が100%から70%に減少します。陸上およびフェリーの場合では、容量は以前の85%から50%になります。一方、海運の場合は100%から70%に減少しました。

鉄道輸送では、「緊急PPKM・小規模行政単位の行動制限」中の都市間鉄道輸送能力は依然として70%です。

さらに、KRL(ケレタ・コミューター:・インドネシアが運営するインドネシアのジャカルタ首都圏の通勤電車網)の場合、容量は再び45%から32%に制限されていました。

さらに、KRLの営業時間も制限されています(04.00-21.00)。一方、KRL以外の都市列車の収容力は50%です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。