タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bio Farma Klaim 「PCR Kumur」
Deteksi 10 Varian Covid-19

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Minggu, 04/07/2021 07:10 WIB


バイオ・ファーマ・コーポレート・セクレタリーのバンバン・ヘリアントは、PT Bio Farma(Persero)およびNusantics(南ジャカルタ市の)バイオ企業)との共同事業「GSI Lab」で製品「Bio SalivaマウスウォッシュPCR」が、SARS-CoV-2またはcovid-19ウイルスの最大10の変異体を検出する能力を持っていると主張しています。

バリアントB 1,617.2(デルタ)、B 1,617.1(カッパ)、B117(アルファ)、B1351(ベータ)、P1(ガンマ)、B1525(イータ)、B1526(イオタ)、 B1466.2(インドネシアの変種)、B 1.427 / 29(イプシロン)、および変種C.37(ラムダ)。

「PCRマウスウォッシュ」がCovid-19の10の変種を検出すると主張 !(バイオファーマ) COVID-19 | CT値 | PCR

「今まで、インドネシアにはCovid-19変異の10の変異体を検出できるCovid-19テスト機器製品はありません」と、土曜日(7月3日)にバンバン氏は言いました。

バンバン氏によると、「Bio SalivaマウスリンスPCR」は、2021年4月1日に保健省からRI保健省番号AKD10302120673で配布許可を取得したとのことです。

彼はまた、「Bio SalivaマウスリンスPCR」が全国的な追跡能力の向上に貢献する可能性があると述べた。 なぜなら、最大93.57パーセントの感度レベルで最大40のCT値で検出できるからです。

さらに、このPCRマウスウォッシュは子供からお年寄りに与えることができます。 PCRマウスウォッシュ・サンプリングプロセスもかなり実用的であり、追加の医療関係者を必要とせずに非常に大きなサンプルの収集を可能にします。

「これにより、うがい式PCRは、最大95%の感度を持つPCRキットを使用した標準基準になっている鼻咽頭-中咽頭スワブの代替となります」と彼は説明しました。

しかし、保健省の感染症予防管理局長であるシティ・ナディア・タルミジ氏は、これまでのところ、世界保健機関(WHO)の基準と推奨事項を満たすPCRスワブと抗原の2つの検査のみが有効であることが証明されていることを確認しました。 。

「これまでのところ、PCRスワブと迅速抗原検査が実施されているWHOの推奨事項に従っています」とナディア氏は述べています。

WHOによってまだ標準化されていませんが、PCRマウステストサービスは金曜日(2/7)から開いていることが知られています。 彼の公式Instagramアップロードで、@ gsilab.idは、「PCR Kumur」テストの手順は4つの段階を経たと説明しました。

まず、検査を受ける人は深呼吸して激しく咳をするように求められます。 第二に、人は特別な液体を口に入れるように求められます。 液体は3回うがいをする必要があります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。