タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

PPKM Darurat, Bos Kadin Minta Pengusaha
Tak Abaikan Kesejahteraan Karyawan

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Minggu, 4 Juli 2021 16:34 WIB


インドネシア商工会議所(Kadin)の議長であるアルスジャド・ラスジット氏は、緊急PPKM中に従業員の福祉を怠らないように雇用主に訴えました。

アルスジャド・ラスジット氏によれば、国の経済を助けることに最大の貢献をするために、従業員は繁栄し続けなければなりません。

従業員を守れ!緊急PPKM、インドネシア商工会議所のボスは「雇用主」に福利厚生を無視しないように! COVID-19 | PPKM | パンデミック

同氏は日曜日の声明で、「私は起業家に訴え、従業員の権利が引き続き履行されるようにする。

しかし、インドネシアを現在の経済状況から共同で脱却させるには、従業員を含むすべての関係者からの貢献が必要だ」と述べた。 2021年7月4日。

アルスジャド・ラスジット氏は、インドネシア商工会議所が起業家を支援し、政府がそれぞれの地域の産業や状況に応じて負担を軽減できる刺激策を、起業家に経済的ワクチンを提供できるようにすることを伝えました。

彼はビジネスマンを含むすべての関係者に、7月3日から7月20日まで発効するジャワとバリでの緊急PPKMの成功を支持するよう訴えた。

彼は、インドネシアが同時に2つの戦争に直面していることを思い出させた。

すなわち、とりわけCovid-19パンデミックによって引き起こされた経済分野での戦争と、医療部門での戦争である。彼は2つの戦争が絡み合っていると言った。

「健康に関連するすべての努力は、人々がそれらを購入できるようにすべての健康ニーズを満たすように、リーズナブルな価格であることを保証し、この戦争に実際に参加しましょう。

人々は必要に応じてすべてのものを購入することも期待されています」とアルスジャド氏は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。