タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

228 TKA Masuk Sulsel Sejak Januari 2021,
Mayoritas TKA China

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 05/07/2021 06:59 WIB


2021年1月初旬以来、合計228人の外国人労働者が南スラウェシに入って国営の戦略的プロジェクトに従事したことが記録されています。

南スラウェシ人材サービスの責任者であるアンディ・ダルマワン・ビンタン氏は、これらの外国人労働者の何百人もが南スラウェシのマロス県にあるスルタンハサヌディン国際空港を通って南スラウェシに入ったと述べた。

2021年1月以来、228人の中国外国人労働者が南スラウェシに入る! COVID-19 | 中国 | 新型コロナ

「2021年1月1日から6月24日までの南スラウェシでの特別配置のための外国人労働者の総数は228人である」とアンディ氏は日曜日(4/7)にCNNIndonesia.comに語った。

一方、南スラウェシで働き始めた中国からの外国人労働者は、他の外国人労働者と比較して依然として大きなパーセンテージを占めているとアンディ氏は述べた。

「特に中国からの外国人労働者の場合、146人がいる」と彼は言った。

アンディ氏は昨日7月3日に中国から20人の外国人労働者が到着したことについて、バンテン県に直接確認すると述べた。

「これは、彼らがすでに複数回に渡り、入国ビザで働いている労働者なのか、就労したばかりの労働者なのかを明らかにしたい。私のスタッフは明日の朝バンテンに行ってこれをチェックする」と彼は説明した。

中国からの合計20人の外国人労働者が土曜日の夜にスルタンハサヌディン国際空港から入国したことが知られています。

7月3日から20日まで開始されるジャワバリ緊急PPKMの実施の最中に、数十人の中国人外国人労働者がインドネシアに入国した。

中国の外国人労働者はPT Smelterとの契約に取り交わしていると言われています。 収集されたデータに基づいて、これらの外国人労働者の数十人は、製錬会社が提供するバスに乗ってバンテン県に移動します。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。