タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Mulai Besok, Penumpang Kereta Api Wajib Sertakan
Sertifikat Vaksinasi Covid-19

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Minggu, 4 Juli 2021 18:50 WIB


長距離列車の乗客は、Covid-19ワクチン接種の証明を持っている必要があります。

証拠は、予防接種カードまたは電子証明書の形式にすることができます。

7月5日(月)から列車の乗客はCovid-19ワクチン接種証明書が必要! COVID-19 | PCR | ワクチン

「ワクチンの初回投与の最小量が注射されたことを示す電子ワクチンの他の証拠と同様に」と、2021年7月4日・日曜日の書面による声明の中で、「PT KAI Daop 1 Jakarta」の広報責任者のエヴァ・チャイルニサ氏は述べた。

ワクチン接種を受けたことを証明する規則は、明日2021年7月5日から2021年7月20日まで有効です。

エヴァ氏によると、Covid-19ワクチン接種の証明に加えて、将来の列車利用者は、出発の最大2×24時間前にRT-PCR検査。

または最大1×24時間の抗原検査の陰性結果の証明書を提示する必要があります。

それでも、医療上の理由で予防接種を受けていない、または予防接種を受けていない特別な顧客は、長距離列車を引き続き使用できます。

条件は、PCR検査または有効な抗原検査の陰性結果を伴う専門医からの証明書を提示することです。

エヴァ氏は、PT KAI Daop 1 Jakartaが、昨年7月3日から、ガンビール駅とパサールスニンで将来の列車の乗客のための予防接種サービスも開始したと付け加えました。

このサービスは毎日08.00-12.00WIBで開いています。 駅で予防接種活動に参加する予定の乗客は、出発前にD-1まで。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。