タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Dapat Izin dari BPOM,
Ini Perbedaan Vaksin Moderna dengan Sinovac

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 07 Jul 2021 07:35 WIB


モデルナのCOVID-19ワクチンは、食品医薬品局(BPOM)から緊急使用許可(EUA)を受け取りました。 どうやら、このワクチンはインドネシアの以前のワクチンとは異なる保管方法を必要とします。

これが、ワクチン「モデルナとシノバック 」の違い(食品医薬品局) COVID-19 | シノバック | モデルナ

COVID-19タスクフォースからの情報を引用すると、モデルナはmRNAから開発されたワクチンであるため、シノバックなどの不活化ウイルスプラットフォームのワクチンとは異なる保存技術が必要です。

 このワクチンには、摂氏マイナス20度の温度での保管施設が必要です。 その品質を維持するために、モデルナワクチンはその保管および流通技術とともにインドネシアに配送されます。

モデルナワクチンは、食品医薬品局からEUAを取得したmRNAプラットフォームからの最初のワクチンです。 このワクチンは、COVAXファシリティスキームを通じて配布される米国政府からの援助です。

65歳以上の人々に対するモデルナのCOVID-19ワクチンの有効性は86.4パーセントに達しました。 併存症のある人にとって良いデータがあるだけでなく、BPOMの責任者であるペニーKルキト氏は、モデルナ・ワクチンがコロナの新しい亜種から体を保護するのに依然として効果的であることを明らかにしました。

「また、アルファ、ベータ、ガンマウイルスの亜種に対して、COVID-19に感染していない人々を保護することを示す有効性のデータもあります

そして私たちはこのウイルスの亜種対応への開発も評価していると思います」とペニー氏は説明しました。

ペニー氏によると、これはBPOMがEUAを付与する際の考慮事項の1つでした。モデルナのCOVID-19ワクチンは、世界保健機関の緊急使用リストにも含まれています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

5 thoughts on “これが、ワクチン「モデルナとシノバック 」の違い(食品医薬品局)

  1. マイナス20℃に関してはPCR検査キットも同様の温度管理が必要です。
    特殊な保存方法ではありません。

    1. ありがとうございます!
      なるほど。
      PCR検査キットも、低温で保管する必要があるのですね !

  2. 効果の違いは接種の進んだチリでの例、4月の報告
    以下
    シノバック54%
    ファイザー90%以上

    又、不活化ワクチンは変異に対応しにくいと言われています。

    1. ありがとうございます。
      シノバックの3回目を打てば良いのでは?
      という噂まで出ています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。