タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Soal TKA Cina Masuk RI, Luhut:
Enggak Bisa Bernegara Itu Lu Mau Gue Enggak

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Selasa, 6 Juli 2021 12:34 WIB


ルフット・ビンサル・パンジャイタン海事投資調整大臣は、緊急コミュニティ活動(PPKM)の実施中に、中国からインドネシアへの20人の外国人労働者の入国に対応した。

ルフット氏は、外国人労働者の入国という現象は、相互主義の原則に従っており、厳格な健康管理を経ているため、奇妙ではないと考えています。

ルフット氏は、入国したすべての外国人は、Covid-19パンデミックの間に健康処置を受けたと説明しました。ルフット氏によると、外国人の入国手続きは、世界のほぼすべての国で行われています。

インドネシア共和国に入る中国人外国人労働者について、ルフット海事投資調整大臣! COVID-19 | PCR | ワクチン

外国人がインドネシアに入国するための手続きは、2回目の接種までワクチン接種を受けていなければならないというものです。 「したがって、人々はワクチンカードを2回取得せずにインドネシアに来ることはできません」とルフット氏は言いました。

インドネシアに来る前に、外国人もPCRテストを受ける必要があります。旅を続けることを許可されている外国人は、このテストに基づいてCovid-19に対して陰性であると宣言された人です。

インドネシアに到着すると、人々は再びPCRテストを受け、8日間の検疫を受ける必要があります。 8日間の隔離後、屋外で活動を続ける前に、外国人は再度PCRテストを受ける必要があります。

結果がマイナスの場合、彼らはインドネシアで活動を続けることができます。

ルフット氏は、外国人の検疫期間の長さは国によって異なると述べた。 8日間の検疫期間を実施している国もあれば、14日間規制している国もあれば、21日間を要する国もあります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。