タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Singapura Tak Akui Sinovac
dalam Program Vaksinasi Nasional

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 07/07/2021 14:45 WIB


シンガポール政府は、「全国予防接種プログラム」では、中国の会社シノバック製ワクチンは、Covid-19ワクチンとして認めていません。

シンガポールの保健省は、この決定により、シノバック製ワクチンの注射を受けたすべての市民が国の予防接種数データで考慮されないだろうと述べました。

シンガポールは「全国予防接種プログラム」にて「シノバック」 を認識していません! COVID-19 | シノバック | ファイザー

保健省は水曜日(7月6日)の声明で、「全国予防接種の数値は、全国予防接種プログラムの下で予防接種を受けたものだけを反映している」と述べた。

そのため、シンガポールでは、モデルナおよびファイザーバイオテックのコミナルティワクチンを接種された市民のみがカウントされます。

dataourworldindata.orgに基づくと、これまでにシンガポールの590万人の人口の370万人が、ファイザーまたはモデルナ製のコビッド-19ワクチンを少なくとも1回接種しています。

合計216万人、つまりシンガポールの総人口の37.8%も完全な予防接種を受けています。

シンガポールは、臨床試験に基づいて、有効率が90%を超えている、米国で製造された2つのワクチンに依存しています。

一方、シノバック製は、50.4%から90%の間の、はるかに低いレベルの有効性を示しています。 しかし、これまでに17万人以上のシンガポール人がシノバック製ワクチンの単回投与を受けています。

これまで、シンガポールはCoronaVacワクチンに関するシノバック製からのいくつかの重要なデータをまだ待っています。

したがって、都市国家・シンガポールは国の予防接種プログラムにシノバック製を含めませんでした。

保健省は声明のなかで、「私たちの国の予防接種プログラムの一部ではないCovid-19ワクチンは、Covid-19感染、特に現在流行しているデルタ変異体に対する防御に関する十分なデータを文書化していない可能性がある」と述べた。

 それでも、シンガポールは、中国製のワクチンの緊急使用に関する世界保健機関(WHO)の許可に従って、シノバック製ワクチンの使用を許可しました。

ロイターが報告したように、シンガポールは病院や特別なアクセス権を持つ民間クリニックなどの医療機関によるシノバック製ワクチンの使用を許可しています。

彼らは現在利用可能な20万回分のワクチンの在庫を利用することができます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “シンガポールは「全国予防接種プログラム」にて「シノバック」 を認識していません!

  1. 17万人以上の方は気の毒ですが、シンガポールの判断は正しいと思います。
    効果の薄いワクチンを見直す時期に来ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。