タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes Bantah Sinovac Tak Efektif pada Nakes:
Musuh Banyak


オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 08/07/2021 12:52 WIB


保健省は、Covid-19にさらされた多数の医療従事者が、シノバック・ワクチンがコロナウイルスの予防に効果的でないことを意味しないと主張しています。

保健省のシティ・ナディ・タルミジ氏、のワクチン接種スポークスパーソンは、インドネシアでのシノバック・ワクチンの有効性は65.3%であると述べました。

 この数は、COVID-19ワクチンが少なくとも50パーセントの有効性を持たなければならないことを示唆する世界保健機関(WHO)の基準を超えています。

保健省はシノバックが医療従事者に効果的ではないことを否定!:多くの敵はいます! COVID-19 | シノバック | ワクチン

 「シノバックが効果的でないわけではありません。しかし、ワクチン接種を受けていても、特に毎日患者と会う医療従事者は、依然としてウィルスにさらされる可能性があるため、ウイルスにさらされるリスクが高いことを私たちは知っています」と彼は言います。と、CNNIndonesia.comへの短いメッセージで木曜日(7月8日)。

ナディア氏はまた、インドネシアで確認されたSARS-CoV-2ウイルスの何百もの突然変異の出現により、ワクチン接種を受けていたとしても、多くの医療従事者が容易に、ウィルスさらされる可能性があると述べた。

 実際、それらの大部分は「懸念の変異株」またはWHOが警戒している変異株です。

2021年7月6日の時点で、保健省の「国立保健研究開発研究所」は、インドネシア全土に広がった新しいCovid-19変異体の533例があったと述べました。

 詳細は、

  • アルファB117が 51例、
  • ベータB1351が 57例、
  • デルタB1617.2が 436例
  • イオタB1526が 2例
  • イータB1525が 5例
  • カッパB1617.1が 2例

 「これはより急速に広がる新しい亜種です。医療従事者は、非常に多くの患者と仕事をするリスクがあるため、ウイルスにさらされるリスクが高くなります。戦場で名前は,多くの敵であるため、契約のリスクは確実に倍増する」と述べた。

戦争の舞台での名前には多くの敵があり、

したがって、それを契約するリスクは倍増する」と述べた。

ナディア氏は同時に、ワクチンは実際にはCovid-19の治療法ではなく、予防であると強調しました。

 彼は、ワクチン接種を受けた人々は、軽度の症状しか経験せず、症状の悪化を経験しない可能性が高いですが、Covid-19にさらされるリスクはあるため、入院する必要があると述べました。

そうすれば、Covid-19ワクチン接種が人口の60〜70パーセントに対して大規模かつ積極的に実施された場合には、

コロナにさらされる事による居住者の罹患率と死亡率のレベルを下げることができることが期待されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

7 thoughts on “保健省はシノバックが医療従事者に効果的ではないことを否定!:多くの敵はいます!

  1. ワクチン接種が進んだチリの報告です(4月7日)。

    『チリで接種されているワクチンの種類にも関心が集まっている。チリで接種されているワクチンの90%が中国製のシノバックワクチンであり、残り10%が米ファイザー製ワクチンである。ちなみにイスラエルで接種されているのは米ファイザー製、英国は英アストラゼネカ製、米国は米ファイザー製と米モデルナ製である。

    チリ大学の研究者らは6日、「シノバック製ワクチンの有効性は54%だった」と発表した。54%という数字は、世界保健機関が示した有効なワクチンについての最低値(50%)をやや上回る程度にすぎない。これに対し、ファイザー製やモデルナ製のワクチンの有効性は90%を超えており、アストラゼネカ製のワクチンの有効性も約80%である。』

    3ヶ月前の有効性が54%でした、インド型等変異種が中心に成った今有効性の%はもっと下がっていると考えるのが普通だと思います。
    インドネシア政府は何を根拠に有効性を謳っているのでしょうか?
    接種率が進んでも感染者が減らないチリやセーシェルの例は考慮しないのですか?

    隣のシンガポールでもシノバック製ワクチンはコロナワクチンとして認められていません。
    今後世界は海外渡航にワクチンパスポート携帯が予想されます。
    既にフランスでは拒否されていますが、シノバック接種のワクチンパスポートは世界で通用しないと思います。

    何故インドネシア政府はシノバックワクチンを固辞するのでしょうか?
    不思議です🤭

    1. ご投稿ありがとうございます !

      以前より、コメントをいただいており、自分の中では、コメントいただいた、大部分は、理解していると思うのですが、
      何せ、外国の政府の事なので、まったくわかりません。

      唯一想像すれば、
      ワクチン外交という事で、初めて、入手した時に、「何かしらの弱み」を握られてしまった?
      マネートラップやハニートラップなどが、考えられます。

      またインドネシア国内にも、親中派がいるでしょうし。
      それは、新幹線を考えれば、わかるでしょう。

      なので、本日発表された、日本だって外国から見ると、今回の緊急事態宣言も、とても不思議です。
      大きな存在になると、人間一度始まるとなかなか、面舵いっぱいができません。
      悔やんでも仕方がありませんので、なんとか自衛していきましょう!

  2. シノバックの様な不活化ワクチンが変異種に対応出来ないことは医療従事者なら常識です。

    隣のシンガポールではシノバックワクチンはコロナのワクチンとして認めていません。
    ワクチン接種が進んだチリのワクチンはシノバック90%、ファイザー10%の割合です。
    4月7日の報告ではシノバック54%でファイザーは90%以上の効果と発表されています。
    結果チリの感染者は減っていません。
    セーシェルも同様です。
    これは飽くまで3ヶ月前の報告で変異種が中心に成っている現在では、不活化ワクチンの効果はもっと落ちていると考えるのが普通です。

    何故インドネシア政府はシノバックワクチン接種を固辞するのでしょうか?
    理解しがたい対策です。

  3. すいません上記は少しダブりました。

    日本政府の感染対策もとても先進国とは言えない内容です。
    欧米よりは感染者は遥かに少ないですが、東アジアの中では感染者が1番多い国です。
    たまたま日本人はコロナへの交差免疫を持ってい方が多い(75%)から欧米より少ない感染者数に成っているだけです。
    欧米でコロナの交差免疫を持っている方は数%に過ぎません。

    1. ありがとうございます!

      なるほど。「交差免疫」という特別な物を日本人が持っているのですか?
      それは、日本で育っていたおかけですね。
      日本に生まれてよかった!

  4. はい、コロナに関する風邪(数種類)を我々日本人は子供の頃にほとんど経験しています。
    ですからその抗体を持った日本人は感染しにくい、感染しても重症化しにくいと思われます。

    いずれ今回のcovit – 19もこの数種類に新たにプラスされると思います。

    1. なるほど。
      ありがとうございます。

      ネットでこの「交差免疫」についても、聞いたことがありましたが、
      ここでまた、確信させていただきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。