タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Erick Thohir Yakin Proyek Kereta Cepat
dan LRT Jabodebek Rampung di 2021

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Kamis, 8 Juli 2021 | 18:02 WIB


国営企業大臣のエリック・トーヒル氏は、ジャボデベック統合鉄道プロジェクト(LRT)と、インドネシア-中国高速列車(KCIC:Kereta Cepat Indonesia-China)プロジェクトを今年末までに完了することを目標としています。

国営企業大臣は、「インドネシア-中国」高速列車とLRT「ジャボデベッ」両プロジェクトが2021年に完了すると確信! LRT | 中国

彼は、2015年に開始されたジャボデベック統合鉄道 LRTプロジェクトが80%の進捗に達したと述べました。 その後、KCICの進捗は約78%に達しました。

「LRTとKCIC業加速させた作業については、LRTは80%、KCICは74%から78%に達しました」と、木曜日(2021年7月8日)の委員会VI DPRとのヒアリングミーティングでエリック氏は述べました。

エリック氏は、2つのプロジェクトはさまざまな関係者から疑われていると述べたが、国会議員委員会VIのメンバーと財務省の支援を受けて、このプロジェクトはまもなく完了すると考えられている。

「非常に多くの人々がこのプロジェクトについて悲観的です。

しかし、評議会のメンバーと関連省庁の支援を受けて、神に感謝します。

プロジェクトは実行され、2021年または2022年の終わりまでに完了することができます。

これは並外れた成果であり、私たちが完了しようとしている物は私たち全員にとって「遺産」であるに違いありません」と彼は言いました。

エリック氏によると、これら2つのプロジェクトの完了の加速を支援するために、約7兆ルピアの国家資本参加(PNM)支援があります。

より詳細には、LRTプロジェクトで2.7兆ルピア、KCICの基本資本である4.3兆ルピア。

「LRTのIDRは2.7兆ルピアであり、もちろんKCICからの加速もあります」とエリック氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。