タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Erick Thohir Bicara Soal
Tenaga Kerja Asing di BUMN

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 09/07/2021 06:38 WIB


国営企業による外国人労働者の使用は非常に少なく、民間部門と協力したプロジェクトでのみ見られることを国営企業省大臣のエリック・トヒル氏は保証しました。

「国営企業省大臣」エリック・トヒル氏が国営企業で働く外国人労働者について語る! COVID-19 | 新型コロナ

プロジェクトに外国人労働者がいることも、プロジェクトがうまくいくことを確実にするための専門家の立場にいる人であると確認されています。

彼は、西ジャワ州シラタにある145 MWのフローティング・ソーラー発電所のために、マスダール社と共同でPLNの子会社、PT. Pembangkit JawaBali、「プンバンキット・ジャワバリ社」のプロジェクトの例を挙げました。

マスダール社は、アラブ首長国連邦(UAE)の企業であり、新再生可能エネルギーに、注意を払うことで知られています。

 「昨日、フローティング・ソーラーパワーを構築したPLNとマスダール社、おそらく1〜2人の専門家(マスダール社)がこのプロジェクトがうまくいかせるために、プロジェクトに参加させました。」とエリック氏は木曜日の衆議院委員会VIでの会議で言いました(7月8日)

エリック氏はまた、国有企業の取締役会または委員会での外国人労働者の使用も非常に少なく、ほとんど存在しないと主張した。

「外国人労働者の利用はほとんどない。取締役会では、下位の労働者はほとんどいないと思うし、まったくいないと思う」と彼は付け加えた。

さらに、エリック氏は国有企業省が外国人労働者受け入れには、絶対の支持はしないことを保証した。

 彼は、国営企業省のプロジェクトが国の子供たち(国民)の努力の結果であることを保証します。

「すみません、あちこちに任せるという意味ではありません。

もちろん、国営企業省のプロジェクトのほとんどは、国の子供たちよりも大変な仕事をしてもらいますが」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。