タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Grab Jawab Perihal Sopir Taksi Online
Tolak Antar Pasien Corona

オンラインメディア「detikom」が伝えています!
Jumat, 09 Jul 2021 07:29 WIB


COVID-19のパンデミックにより、社会のあらゆる要素が不安になりました。

今日でも、多くのオンラインタクシー運転手は、曝露を恐れて、COVID-19またはコロナ患者を自己隔離のためにウィズマ・アトレット<Kemayoran Athletes Village>(*)に連れて行くことを拒否しています。 グラブインドネシアもdetikOtoに答えを与えました。

(*):ウィズマ・アトレット<Kemayoran Athletes Village>:Covid-​19緊急病院

オンラインタクシー運転手がコロナ患者を拒否することについての回答! COVID-19 | 新型コロナ

「東南アジアの主要なスーパーアプリケーションとして、グラブは常にお客様とドライバーパートナーをサポートし、COVID-19パンデミックに一緒に対処する政府の取り組みをサポートすることに常に取り組んできました。この情報を受け取り、現在それをさらに調査している」と語った。

しかし、グラブインドネシアは健康がすべての人にとって最優先事項であることを保証します。

「お客様やドライバーパートナーを含むパートナーの安全と健康が私たちの優先事項です。したがって、インドネシア全土の53の市と地区に開設されたグラブ・ワクチンセンターを通じて、数十万のグラブ・ドライバー・パートナーにもワクチンを接種しました。」ティルザ氏は言った。

「この予防接種活動は、ドライバー・パートナーを保護し、日常業務をより安全に行えるようにするために、現在も継続中です」とティルザ氏は付け加えました。

それだけではありません。健康プロトコルが実装されているため、ドライバーやグラブパートナーはCOVID-19患者の感染について心配する必要はありません。

「さらに、ドライバー・パートナーが3Mの健康プロトコル(マスクの着用、石鹸と流水で手を洗う、距離を維持する)を引き続き遵守および実施し、通常に車両を提供し、優れたサービスを提供できるように、教育も提供し続けています。」とティルザ氏は言った。

「このパンデミックの間、乗客はグラブカーまたはグラブバイク プトテクト・サービスを使用して、乗客とドライバーパートナーにより多くのセキュリティ保証を提供することをお勧めします。

グラブカーおよびグラブバイクにプラスチックパーティションを追加して導入することにより、グラブ・プトテクト・ヘルスプロトコルを実装する規律があります。

ドライバー・パートナーが作業中にマスクを着用できるようにするマスクセルフィーテクノロジーを導入し、定期的に消毒剤で車両を清掃します」とティルザ氏は結論付けました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。