タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Tangkal Varian Delta, Pfizer dan Biontech
Kembangkan Vaksin Penguat

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Jumat, 9 Juli 2021 | 11:16 WIB


ファイザーとビオンテックは、伝染性の高いデルタ変異体を標的とすることを目的としたCOVID-19ブースターワクチンを開発していると述べた。

木曜日(2021年7月8日)、米国のメディアの報道によると、デルタバリアントが米国で優勢な変異体になり、感染が増加したため、懸念が高まり続けています。

デルタ変異体に対処し、ファイザーとビオンテックが「ブースターワクチン」を開発! COVID-19 | デルタ変異体 | ブースター

CNBCのレポートによると、両社は、現在の2回接種ワクチンの3回目の接種で、デルタを含む現在知られているすべての亜種に対する「最高レベル」の防御を維持できる可能性があると考えています。

しかし、ファイザーとビオンテックは警戒を怠らず、ワクチンの最新版を開発しました。

「これらの調査結果は、同社の第3相試験の継続的な分析と一致しています。

そのため、これまでのデータの全体に基づいて、3回目の投与が必要になる可能性が高いと私たちは信じています。完全ワクチン接種から6〜12か月以内に同社は述べた。

同社によれば、規制当局の承認を条件として、早ければ8月に臨床試験を開始する可能性があるという。

ファイザーとビオンテックの幹部は、ワクチンによる免疫力が時間とともに低下すると予想しているため、完全なワクチン接種を受けてから12か月以内にブースターショットまたは3回目の接種が必要になる可能性が高いと述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。