タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Menaker Tinjau Vaksinasi Covid-19
bagi Pekerja di Karawang

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Sabtu, 10/07/2021 17:24 WIB


労働大臣のイダ・ファウジア氏は、土曜日(7月10日)に、西ジャワ州カラワンで、数千人の産業労働者とその家族に対する「相互協力ワクチン接種」の実施を調査します。

労働省は、カラワンの労働者のために、Covid-19ワクチン接種の調査! COVID-19 | カラワン | ワクチン

労使関係裁判所の局長と労働省のインダ・アンゴロ・プトゥリが出席した予防接種イベントでは、(参加者名略)

 「神に感謝します。今日、私は労働者とその家族の予防接種プロセスを直接目撃しました」とイダ氏は言いました。

イダ氏は、ワクチン接種プログラムがCovid-19に対するコミュニティ免疫を構築する取り組みを加速するのに役立つことを望んでいます。

彼女はまた、労働者とその家族の健康に対する会社の気遣いを高く評価した。

その際、イダ氏は、企業はマスクや、体の抵抗力を高めるためのビタミン、マスク、手指消毒剤などの他の健康器具を提供することで、労働者の健康に注意を払うべきだと述べた。

一方、イダ氏は、地域社会と職場の両方で予防接種を受けたとしても、不注意にならず、厳格な健康プロトコルに従い続けることを労働者に思い出させました。さらに、カラワンの県知事に感謝の意を表した。

カラワン県知事ヌルラチャディナによって、地域の企業に相互協力ワクチン接種プログラムへの参加を奨励することに成功したと考えられている

イダ氏はまた、関係当局に緊急PPKMの実施を監督するのを手伝うよう要請した。

 「予防接種を受ける機会がない労働者がまだたくさんいるので、私たちは県の労働省長に熱心であり続けるように頼みます」と言いました。

 PT Toyota Motor Manufacturing Indonesia(TMMIN)が1,000人の労働者とその家族を対象に16,000人の参加者を対象に実施したCovid-19ワクチン接種だけでなく、

Astra Honda Motor(PT AHM)の3,500人の労働者に対するワクチン接種も調査もしました。 PT AHM労働者に対する相互協力ワクチン接種は、2021年7月10日から12日まで行われる予定です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。