タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Erick Thohir Minta Bio Farma Tingkatkan
Produksi Vaksin Covid

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Minggu, 11/07/2021 05:40 WIB


国有企業大臣のエリック・トヒル氏は、ビオ・ファーマ社にCOVID-19ワクチンの生産量を2倍にするよう指示しました。

現在、Covid-19ワクチンの生産量は月平均2,000万回以上に達しており、ビオ・ファーマ社はその生産量を2倍にすることが奨励されます。

国有企業大臣「エリック・トヒル氏」がビオ・ファーマ社にコビッド・ワクチンの増産を依頼! COVID-19 | パンデミック | ビオファーム

 「最新のデータから、1億550万回分のワクチン原料を受け取りました。これは、8500万回分の既製ワクチンと1420万回の準備ができているワクチンに相当します。

この量から、ビオ・ファーマ社にいくつあるかを確認しました。

インドネシア全土に分布そしてこのパンデミック状況の高まりの中で、特にレッドゾーンのステータスを持つ州に向けて、ワクチンがより迅速に広がるように、生産量を可能な限り増やすことを支持します。」とエリックは日曜日にアンタラから引用しました(7月11日)。

エリック氏は、多くの国から輸入された原材料と完成ワクチンの両方の形で、最終的なCovid-19ワクチンの円滑なプロセスを確保したいと考えています。

7月1日の時点で、インドネシアは、生産国から直接輸入された、またはワクチンと免疫化のためのCOVAXグローバルアライアンス(GAVI)多国間チャネルを通じて輸入された19のワクチンを受け取りました。

土曜日(7月10日)の時点でビオ・ファーマ社の配布ダッシュボードに表示されたデータに基づくと、73,730,600回の配布目標のうち、62,538,900回の配分が883回の配布指示書を通じてインドネシア全土に配布されました。

現在、国家食品医薬品監督庁からロットを解放する過程にある1650万回の割り当てがあります。

特に、最近ジャワ島の3つの州、すなわち西ジャワ、中部ジャワ、東ジャワで陽性のCOVID-18患者の数が増加した地域では、配布されたワクチンの数が計画された割り当てを上回っています。

「したがって、まだレッドゾーンの状態にある州に充すために、私はバイオファーマにも流通をスピードアップするように頼みます。ワクチン接種はこのパンデミックの真っ只中の主要な解毒剤の1つです」とエリック氏は結論付けました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。