タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

LaporCovid-19: Vaksin Tidak Boleh Diperjualbelikan
Apalagi di Masa Krisis Pandemi

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
12/07/2021, 15:14 WIB


「LaporCovid-19」のボランティアであるアマンダ・タン氏は、多くの市民社会連合とともに、PT Kimia Farma(Persero)Tbkによって発表された有料ワクチンを拒否したことを強調しました。

インドネシア市民が作った新型コロナ情報プラットフォーム:「LaporCovid-19」

アマンダ氏は、特にこのパンデミック危機の間、Covid-19ワクチンは取引されるべきではないと強調しました。

LaporCovid-19:特にパンデミック危機で、ワクチンを取引すべきではありません! COVID-19 | シノバック | パンデミック

とアマンダ氏は月曜日(2021年12月7日)の仮想記者会見で述べた。

アマンダ氏によれば、世界保健機関(WHO)と国連総会(UNGA)は、ワクチンは公共の安全を確保することを目的としているため、無料であるべき権利であると強調しました。

彼女はまた、有料のワクチン政策が公衆衛生上の権利を侵害していることを強調した。

「このワクチンの商業化は、法律によって保護されるべき公衆衛生上の権利の重大な違反であり、社会正義の原則に違反している」と彼女は述べた。

実際、アマンダ氏によると、非パンデミック期間中のワクチンは無料でした。 しかし、なぜ政府がパンデミックの真っ只中でCovid-19ワクチンを実際に取引したかったのか疑問に思いました。
 
アマンダ氏は、この有料ワクチン政策は、利益を求める政府の一形態であると付け加えました。
 
 「そして、非パンデミック時のような非危機時のようなワクチン、子供用ワクチン、幼児用のワクチンも無料です、では、なぜそれらは現在取引されるのですか」と彼女は言いました。

<懸念事項>

インドネシア国内で、中国製のワクチン「シノバック 」を2度打っても、コロナで死亡している例がある。(AFP通信より)医師14人、ワクチン接種(シノバック )にもかかわらずコロナで死亡 インドネシア
 


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。