タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

WHO Imbau untuk Tidak Mencampur
Vaksin Covid-19 Beda Merek

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 13/07/2021 14:04 WIB


世界保健機関は、さまざまなブランドのCovid-19ワクチンの使用を混同しないように市民に訴えています。

WHOの科学者チームの責任者である、ソーミャ・スワミネイサン氏は、異なるブランドのワクチンの混合を「危険な傾向」と呼びました。

「現在、危険な傾向があります。現在、[異なるブランドのワクチン]の混合と良いマッチングの証拠はありません。

続けて、市民が異なるブランドのワクチンの2回目、3回目、4回目の接種を許可する国に混乱を引き起こすでしょう。とソーミャ氏はオンライン会議で言った。

<市民も要熟考>WHOは、異なるブランドのCovid-19ワクチンを混合しないように促す! COVID-19 | アストラゼナカ | シノバック

これまで、世界で製造されたワクチンにはいくつかの種類があります。 シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、シノファーム、モデルナから、ジョンソン&ジョンソンまで。 それらの4つはインドネシアで使用されています。

そこから疑問が生じますが、異なるブランドのワクチンを使用することは許可されていますか?

オックスフォード大学が実施した研究では、2つの異なるブランドのCovid-19ワクチンを組み合わせると、コロナウイルスに対する体の保護が強化されることがわかりました。

 最近、いくつかの国でも2つの異なるワクチンブランドの使用を組み合わせようとしました。

ソーミャ氏は、これまで、さまざまなブランドのワクチンを接種することを推奨する十分な証拠がないことを強調しました。

これまで、WHOは同じワクチンの使用を推奨しています。

同じことが、インドネシアの内科コンサルタントのアレルギー免疫学の専門家であるイリス・レンガニス氏によっても表明されました。

異なるブランドの2つのワクチンを投与することの有効性と安全性を決定するには、さらなる研究が必要です。

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。