タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

RK Sebut Uji Coba Kereta Cepat
Jakarta-Bandung Oktober 2022

インドネシアオンライン「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 14/07/2021 07:04 WIB


西ジャワ州知事のリドワン・カミル氏は、ジャカルタバンドン高速列車(KCJB)のテストが2022年10月を目標としていることを明らかにした。

2022年1月までに、プロジェクトのすべてのコンクリートが完全に打たれます。

西ジャワ州知事、2022年10月にジャカルタ-バンドン高速鉄道試験! COVID-19 | ジャカルタ・バンドン高速鉄道 | 中国

 「間違いがなければ、来年末に運用。1月にはジャカルタ・バンドン高速鉄道プロジェクトがコンクリートで結ばれる。

その後、鉄道は来年半ばになり、最初の列車の試験は2022年10月に開始されることが期待されています」と、バンドゥンのパクアンビルでエミル氏は述べています。火曜日(7月13日)

エミル氏によれば、ジャカルタ-バンドン高速列車は後に、カラワン県、ワリーニ、そしてバンドン県のテガルアルを、新しい経済の中心地にもたらすでしょう。

急行列車がなければ、この論理は存在できず、投資家にとっても困まります。

しかし、急行列車で、カラワン、ワリーニ、バンドン県エリアのテガルアル地域に3つの新しい都市が誕生するだろう」と語った。

急行列車に加えて、Cileunyi-Sumedang-Dawuan(Cisumdawu・シスムダウ)有料道路インフラの建設は、今年末または約6か月以内に完了することを目標としています。

この有料道路によって、後にマジャレンカ県のクルタジャティにあるバンドゥンと西ジャワ国際空港の間で接続されます。

エミル氏によると、シスムダウ有料道路はクルタジャティ空港での乗客の活動を増やすことが期待されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。