タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Tambah Relawan Nakes, Luhut: Lulusan Baru Dokter
dan Perawat Ditraining 3 Hari

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Rabu, 14 Juli 2021 07:20 WIB


海事投資調整大臣ルフット・ビンサル・パンジャイタン氏は、政府が看護師と医師の両方の医療従事者の人材を増やす計画を明らかにした。

Covid-19の症例が増加する中、最悪のシナリオに備えるために、医療従事者の数の追加が行われます。

医療従事者のボランティアを追加!3日間のトレーニングで医師と看護師の新卒者(海事投資調整大臣・ルフット氏) COVID-19 | 新型コロナ

追加は、新しい大学院の医師と看護師のボランティアを募集することによって行われます。 ルフット氏は彼らが訓練を受けるだろうと言った。

彼は、政府がボランティアに適切な休憩施設を提供すると述べた。 ボランティアは、BPJSの健康保険、労働災害保険、および通信費の割り当ても受け取ります。

一方、ルフット氏は、病院の能力開発が継続的に行われていると述べた。

まず、政府は集中治療とICUのために、ジャワバリ島のすべての病院のベッドの利用率を40〜50パーセントに変更します。

ただし、このプランは、部屋の容量が十分でないため、DKIジャカルタからは除外されています。

それから、政府は国軍が支援する野戦病院または救急病院の数を増やす予定です。

「私は、国軍、国家防災庁、および保健省に、野外病院および救急病院として使用される場所を探し続けるための支援を求めています。まだ列に並んでいる患者を助けるために」と彼は言った。

野外病院や救急病院を決める際に、政府は大容量の場所が必要だと彼は言った。このシナリオは、医療従事者の適切性を維持するためです。

日々の急増を減らすために、彼は政府がいくつかのポイントで、特にジャワとバリで評価と隔離を続けていると言った。

この人の移動率は、「Facebookモビリティ」、「Googleトラフィック」、「NASAのナイトライト」の3つの指標によって監視されます。

分析に基づいて、ルフット氏は、人の移動率の30から50パーセントの削減が必要であると言いました。

2021年7月11日と12日の監視に基づくと、ジャワ島とバリ島の人の移動率は減少しています。

たとえば、DKIジャカルタでは移動率が21.3パーセント、西ジャワでは9パーセント、バンテンでは18.1パーセント減少しました。

それでも、西ジャワ州のパンチュラや中部ジャワ州など、動きが増加している地域がまだいくつかあります。

「今後数日で、黄色い領域が増えることを願っています(人の移動率が20%から30%へ減少させる)」とルフット氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。