タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kedubes Jepang Buka Suara soal
Warganya Ramai-ramai Tinggalkan RI

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 14 Jul 2021 12:21 WIB


日本政府は、インドネシアから帰国したい国民のために特別便を準備していると伝えられています。 これは、国内でCOVID-19の症例数が多いために行われました。

これを受けて、インドネシアの日本大使館は報告書について声を出しました。

日本大使館がインドネシアを去る日本国民について語る(日本の民間企業が主導) COVID-19 | ワクチン | 新型コロナ

CNBCインドネシアから引用、日本大使館は水曜日(2021年7月14日)に、ニュースに関する公式声明を提供できないと述べた。

しかし、日本大使館から伝えられたことがいくつかあります。フライトの1つは、避難努力ではなく、日本の民間企業のイニシアチブでした。

「今朝行われた飛行は、日本の民間企業の主導で行われたものであり、日本政府からの避難や帰国の努力ではなかった」と日本大使館は答えた。

日本大使館によると、加藤勝信内閣官房長官が伝えたインドネシアに住む日本人の避難に関するニュースでは、日本に再入国する市民のための追加の割り当てとして、日本政府から国民への支援に言及した。

「これは、医療能力と検疫施設、およびその他の支援事項が維持されている間に、日本人の帰国を受け入れる事が、適切に機能するように」と彼は強調した。

そして、大使館は、日本もインドネシアや他の国々と同じように、外国人の入国を制限していますと説明しました。

「この制限は、その医療関係者および海外から来た人々が、空港や適切に運営するための検疫施設で、実施される健康診断の能力を、維持するために実施されます」と彼は続けた。

一方、インドネシア外務省は、これまで日本政府がインドネシアに報告した本国送還や更なる情報の提供はなかったと述べた。

「それはまだ実現されていない」とインドネシア外務省のスポークスマン、テウク・ファイザシャー氏は言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト



評価 :5/5。
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。