タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Covid-19タスクフォースのスポークスマンであるウィク・アディサスミト氏は、監督なしでワクチンを混合したり、ブースターとしてCovid-19ワクチンの投与量を増やしたりしないように国民に訴えました。

Covid-19タスクフォースは、監督なしにワクチンを混合しないように! COVID-19 | シノバック | ワクチン

彼は、予防接種政策に関連する最新情報を受け取った後、これを述べました。

政府が医療従事者に追加の投与量を提供することを計画しているため、ワクチンと追加の投与量の混合の問題が一般の人々の間で浮上しています。

知られているように、政府は、医療施設に密接に関連する活動と場所のために感染のリスクが最も高いと考えられる医療従事者に、3回目の追加免疫と混合ワクチンを注射したいと考えています。

 「現在、いくつかの国でも同じことを行っています。

たとえば、タイでは、追加の保護のために2倍のシノバックワクチンを接種した医療従事者にアストラゼネカワクチンを注射します。

もちろん、これは最初に臨床試験が実施された後に実施されます」と、Kompas.comが水曜日(2021年7月14日)に受け取ったリリースでウィク氏は述べました。

しかし、彼によると、国民はそれについて心配する必要はありません。

いくつかの研究に基づくと、Covid-19ワクチンの2回目の接種後に生成される免疫は、人体で数か月または数年も持続する可能性があります。

免疫の持続時間は、各人の状態によって異なります。

一般に、人たちが個々の免疫を構築するには、ワクチンの2倍の用量で十分です。

 したがって、ワクチンを混合したり、追加免疫の用量を単独で増やすことはお勧めしません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。