タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kapolri Bakal Kendurkan Perlahan
Pembatasan Mobilitas Warga

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 16/07/2021 07:18 WIB


警察署長のリストロ・シギット・ポウラボゥオ氏は、緊急コミュニティ活動制限の実施に関連する、住民の移動に関する制限を、ゆっくりと緩和することを認めました。

「私たちはゆっくりとこの活動を緩めます。

人々が彼らの活動に戻ることができるように。もう一度、私たちがしていることは間違いなく人々を不快にしますが、私たちは皆、公共の安全を維持するためにこれを行っています」と彼は木曜日に記者団に説明した。(7月15日)

警察署長は、市民の移動制限をゆっくりと緩和する! COVID-19 | 新型コロナ | 緊急活動制限

彼は、Covid-19症例の増加を管理でき、ワクチン接種がより広く一般に受け入れられれば、当局が制限を緩和することを保証しました。

彼によると、今では多くの人々が緊急PPKMの実施を遵守し、それに従っています。

「もう一度、数が減少し続けている緊急PPKM規制の理解と遵守についてコミュニティに感謝します。それらを維持してください」と彼は言いました。

「現場での論争に関しては、国民がこれを非常によく理解しているので、ほとんどありません」と彼は付け加えました。

これは、彼が監視する西ジャワの有料道路口パストールの住民の移動性の低下によって証明されています。

「パスツールを通過する人々の移動性が、第1週に約23%、第2週に約20%減少したことが以前に報告されました」と、リストロ氏は述べています。

最近、国家警察はランプンからバリまでブロッキングポイントを追加し続けています。木曜日(7月15日)に記録された、警察によって構築された1,038ポイントがあります。


警察署長は、市民の移動制限をゆっくりと緩和する! COVID-19 | 新型コロナ | 緊急活動制限


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。