タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

6 Negara Ini Sudah Buka Perbatasan,
tapi Kerepotan Lagi Akibat Covid-19 Delta

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Jumat, 16 Juli 2021 10:51 WIB


多くの国がまだCovid-19と戦っていますが、ウイルスの蔓延を減らすことができたと感じているため、パンデミック中の社会的制限を緩和していると述べている国もあります。

しかし、Covid-19のデルタバリアントが存在した後、彼らは再び圧倒され、再び制限を実行し始めました。

英国政府は、ほぼすべてのCovid-19制限が7月19日に解除されることを確認しました。 これは、すべての制限が解除されることを意味します。

英国だけでなく、他のいくつかの国でもすでに緩和制限がなされています。 当時の感染件数の減少と予防接種率の上昇は、一部の国が国の経済の回復を期待して規制を緩和した理由の1つでした。

これらの6か国は国境を開いたが、Covid-19デルタのために再び問題を抱える! COVID-19 | デルタ変異体 | ワクチン

制限が緩和されても、症例数が増加している6か国は次のとおりです。

  • イスラエル

イスラエルは、予防接種プログラムを集中的に実施している国の1つです。 2月、イスラエルは制限を解除し始めました。 6月中旬、人口の半数以上が2回ワクチン接種を受けたとき、イスラエル人はマスクの着用をやめ、パンデミック前の生活が再開されました。ショップ、レストラン、ホテル、映画館はすべて完全にオープンしています。

それ以来、より伝染性の高いデルタ変異による毎日の症例が増加し、2021年7月13日火曜日の時点で754症例に達しました。

症例の急増により、ナフタリベネット首相の新政府は、屋内でのフェイスマスクの着用義務とイスラエルに到着するすべての人の検疫を行いました。

  • オランダ

予防接種の増加と症例の減少に伴い、6月末に、オランダは制限の開放をしました。

マスク着用の方針はほとんどすべての場所で解除され、若者は戻ってきました。

それ以来、症例数は急増し、12月以来の最高レベルに達しましたが、入院数の大幅な増加にはつながりませんでした。

 2021年7月9日金曜日のマルク・ルッテ首相は、政策が解除されてから、わずか2週間後に、ようやく制限を再度開始しました。オランダ政府のウェブサイトによると、この措置は少なくとも8月13日まで有効であるとのことです。

  • 韓国

高麗人参の国は、Covid-19の取り扱いに成功したことで賞賛されました。韓国は、パンデミックから抜け出す方法を示した最初の東アジア諸国の1つでした。

 6月、韓国政府は、ワクチン接種を受けた人々がマスクなしで外に出ることを許可し、小規模な個人的な集まりとリラックスしたレストランの営業時間を許可する計画を発表しました。

しかし、人口の大多数がまだワクチン接種を受けていない状態で、Covid-19に対する警戒をあまりにも早く下げたので、専門家は韓国に警告しています。

現在、この国は史上最悪のCovid-19の発生に直面しています。記録的な毎日の集計により、政府はほとんどの国で社会的距離のルールを厳しくすることを余儀なくされました。首都ソウルでは、住民は18:00以降に複数の人と会うことを禁じられています。

  • スウェーデン

ほとんどの国とは異なり、スウェーデンは感染の拡大を食い止めるために自発的な行動に依存していますが、レストランの営業時間の制限や場所での群衆の制限も実施されています。

これらの制限の一部は緩和され、3,000人の観客がスポーツスタジアムに座ることが許可され、7月1日に営業時間のルールがキャンセルされました。

しかし、最終的に、より厳しい制限が7月15日に決定されました。春以降、症例数は増加を続けており、予防接種の増加や天候の温暖化などにより、人たちは屋外で過ごす時間が増えています。

  • オーストラリア

過去1年間のほとんどの間、オーストラリア人はほとんど制限のない生活を楽しんできました。 Covid-19の症例がまったく発見されなかった日を国が一貫して記録しているので、マスクは必要ありません。

発生があった場合、当局は迅速な封鎖を開始します。

たとえば、パースは1件の症例が検出されたため、1月に5日間閉鎖されました。

しかし、6月中旬にシドニーでデルタ亜種が発生したため、国内最大の都市が封鎖されました。それは少なくとも7月末まで続くと予想されています。

シドニーは現在、1日あたり100件以上症例と戦っています。

封鎖の最初の数週間で、ウイルスは急速に広がりました。

地方当局は、人々が家にいるための規則を発行しました。

しかし、人口の90%以上がワクチン未接種であるため、当局は、正常な状態に戻るには時間がかかると述べています。

  • アメリカ合衆国

ジョー・バイデン政権がワクチンの取り組みを推し進めるにつれて、多くの州が制限を解除し始め、マスクの義務を無視し、企業の再開を許可しています。

 6月、米国で最も人口の多い州であるカリフォルニア州は、大規模な再開を発表しました。 一方、ニューヨークでは、予防接種率が70%を超えたため、ほぼすべての制限が解除されました。

全体として、ケースは低いままです。

新たな感染は、過去2週間で倍増したにもかかわらず、1月のパンデミックの最盛期における1日の平均レベルの10分の1未満です。

しかし、ワクチン接種の少ない州のいくつかで急増しているデルタ亜種についての懸念が高まっています。

ワクチン接種率が遅いため、一部の州では、より伝染性の高い変異株への懸念から、住民がマスクを着用し続けることを推奨しています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。