タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Dapat Izin Pemerintah Arab Saudi,
327 WNI Bisa Ikut Ibadah Haji 2021

オンラインメディア「Suara.com」が伝えています!
Jum’at, 16 Juli 2021 | 15:11 WIB


サウジアラビアに居住する合計327人のインドネシア市民が巡礼者候補として登録され、2021年のメッカ巡礼に参加します。

「現在、今年のメッカ巡礼の巡礼者として登録されているインドネシア市民は327人います。

彼らはサウジアラビアに住んでいて、サウジアラビアによって課された手続きに従って巡礼者候補として登録されているインドネシア国民です。」と総領事館のメッカ巡礼総領事は述べました。

サウジアラビア政府から許可を得て、327人のインドネシア市民が2021メッカ巡礼に参加 COVID-19 | ワクチン | 巡礼

金曜日(2021年7月16日)にジャカルタのアンタラが報告したように、エンダンジュマリのジェッダにある、インドネシア総領事館のハッジ総領事館は言った。

エンダン氏は、登録された人たちは、インドネシア大使館および総領事館の外交官、インドネシア移民労働者、インドネシアの学生、およびサウジアラビアに長く住んでいた他の多くのインドネシア市民で構成されていると説明した。

「今年巡礼するインドネシア国民のためのデータ収集プロセスはまだ実行されています。私たちのデータは増え続けます。

アラファ、またはミナに滞在している人だけで最終的なものになるかもしれません。まだ増え続くことはあり得ます。」と述べた。

以前、サウジアラビア政府は、COVID-19のパンデミックにより、2020年と2021年のメッカ巡礼シーズンに他国からの巡礼者がメッカ巡礼を行うことを禁止していました。

今年、サウジアラビアでは2021年7月17日土曜日に1442 Hの巡礼を開始しました。

メッカ巡礼の割り当ては、特にそこに定住したサウジアラビア市民と駐在員のために、6万人の巡礼者に制限されています。 彼らは登録した50万人以上の将来の巡礼者から選ばれました。

サウジアラビアのメッカ巡礼省は、COVID-19のワクチン接種を受けており、慢性疾患のない18歳から65歳までの人々だけがメッカ巡礼を行うことができると述べました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。