タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Indonesia Buru 3 Obat
Terapi Covid-19 ke Luar Negeri

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Jumat, 16 Juli 2021 | 16:03 WIB


Covid-19治療薬の必要性の急増を予測するために、インドネシア政府は海外で3種類の薬を探しています。

インド、パキスタン、中国やスイスへ聞いています。

探しているとされている3つの薬は、レムデシビル、アクテムラ、ガマラスまたはグループIVIg(免疫グロブリン)です。

これは、事実上金曜日(2021年7月16日)にジョコ・ウィドド大統領が議長を務める、限定会議に出席した後、記者声明で保健大臣のブディ・グナディ・サディキン氏によって伝えられました。

インドネシアは海外で3つのCovid-19治療薬を捜す! COVID-19 | イベルメクチン | レムデシビル

「私たちは、国内で供給がまだ比較的管理されている薬を特定しました。

世界的に供給が非常にタイトな輸入医薬品があることを私たちは知っています」とブディ・グナディ・サディキン氏は言いました。

ブディ氏が意味する輸入薬は、インド、パキスタン、中国から直接輸入されたレムデシビルでした。

レムデシビルを必要としているために、外務大臣のレトノ・マルスディ氏は中国政府との交渉を支援しました。

「今や解決策は、インドが輸出を再開できるように、外務大臣の交渉の支援を受けた」とブディ・グナディ・サディキン氏は述べた。

交渉は有望な結果をもたらしました。インド政府は、毎週5万本のレムデシビルをインドネシアが輸入するための扉を開いています。

「そして今週は50,000本を入れることが許可されました。その後、毎週徐々に50,000本が使用されます」とブディ・グナディ・サディキン氏は述べています。

さらに、レムデシビルという薬の必要性を満たすために、ブディ氏は、レムデシビルに類似した薬を入手するために中国への輸入アクセスを開始したと述べた。

ブディ氏は、現在輸入されている薬、すなわちアクテムラ薬を入手できることはめったにないと述べた。

彼は、世界的にアクテムラ薬を入手することは非常に難しいことを認めました。実際、アクテムラ薬のプロデューサーとして「ロシュ」(スイスの製薬メーカー)CEOと話をしました。彼は、世界的な供給が逼迫していることを認めています。

「したがって、現在の在庫はまだ私たちが必要としているものから、かけ離れています。

このアメリカにあるアクテムラに類似したいくつかの代替医療を探しています」とブディ・グナディ・サディキン氏は述べています。

偶然にも、彼は、第1波と第2波の間、米国にはアクテムラに似た薬の大量の在庫があったと続けた。 「近い将来、アクテムラに似た代替医療をインドネシアに持ち込むことができるといいのですが」とブディ・グナディ・サディキン氏は説明しました。

インドネシアのもう一つの珍しい薬は、ガマラまたはグループIVIg(免疫グロブリン)として知られている薬のカテゴリーの商標です。 この薬は中国で製造されています。 インドネシアはこの薬を非常に必要としています。

「今では約30,000本を持ち込むことができます。 しかしもっと必要です。 そして今、外務省の支援を受けて、私たちは引き続き中国政府に働きかけています」とブディ・グナディ・サディキン氏は述べました。

「したがって、輸入された3つの薬は、国内のニーズを満たすために現在追求しているものです」と続けます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。