タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes Lakukan Vaksinasi Ketiga
untuk Tenaga Kesehatan, Dimulai di RSCM

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Sabtu, 17 Juli 2021 09:55 WIB


保健省は、モデルナワクチンを使用して医療従事者に追加し、3回目のワクチン接種を開始しました。

最初の追加免疫ワクチン接種は、国立中央総合病院博士の50人のFKUI大学教授と多くの医師から開始されました。 (Cipto Mangunkusumo、国立公立病院)ャカルタ、2021年7月16日金曜日。

保健省のウェブサイトからの引用、ブディ・グナディ・サディキン保健相は、「すぐに医療従事者が彼らを保護するための第3のブースターを与えられ、彼らがより落ち着いて働くことができるようになることを願っている」と述べた。

3回目の予防接種「モデルナ・ワクチン」を実施 !(保健省はRSCM・国立公立病院の医療従事者より) COVID-19 | シノバック | モデルナ

ブディ氏は、彼らの職場が医療施設にあることを考えると、医療従事者への追加接種の実施はより簡単であると評価しました。

さらに、最初の予防接種では、7〜8週間以内に150万人もの医療従事者が注射されました。 「今回は注射が1回だけなので、もっと早く終了できることを願っています」と彼は語った。

ブースター注射も受けたFKUI大学のアマン・プルンガン教授は、何の効果も感じなかったと認めた。

彼は、モデルナワクチンによるこの追加免疫ワクチン接種が、体の免疫力を高めることができると信じています。

「不活化ウイルスを使用した「シノバック・プラットフォーム」での1回目と2回目(ワクチン)とは異なるプラットフォームの「モデルナワクチン」を使用するこの場合、非常に自信があります。 だから、これが最高だと思う」とアマン氏は言った。

アマン氏はまた、すべての医療従事者にすぐに3番目の予防接種をするよう訴えました。 さらに、このデルタ変異体ウイルスの場合、特にCovid-19陽性患者を直接扱う場合は、強力な免疫が必要です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

4 thoughts on “3回目の予防接種「モデルナ・ワクチン」を実施 !(保健省はRSCM・国立公立病院の医療従事者より)

  1. シノバックワクチンに効果が無い様ならこのモデルナワクチンが1回目の接種に成ります。

    隣のシンガポールでも約17万人がシノバックワクチンを接種していますが、新型コロナのワクチンとしてはカウントされていません。

    1. コメントありがとうございます!

      1回目の不活性ワクチンから、2回目にmRNAを受けても安全なのでしょうか?
      その辺が、誰からはっきりしてくれれば、市民も判断できるのですが。

  2. そうですね科学的なデータは無いと思います。
    又、インドネシア前保健省の大臣が辞任した理由の1つに中国製ワクチンが治験データを公表していないことです。
    治験データの公表が無いとは安全性が担保出来無いということです。

    正直、今回の3回目も最初の中国製ワクチン使用もインドネシア人を使った人体実験にも見えてしまいます。

    1. ありがとうございます。
      確かにその通りに見られても、文句は言えません。

      インドネシア国内で見れば、これも含めて、発表して、路線変更をして欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。