タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Vaksin Apa yang Terbaik Melawan Covid-19?
Ini Jawaban Jokowi !

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
19 July 2021 09:32


中国のCovid-19ワクチンであるシノバックは、デルタ変異体などの新しいコロナ変異体に対しては効果がないと考えられているため、多くの国でますます疑問視され、取り消されています。

最近、マレーシアは予防接種プログラムにシノバックを使用しないことを決定しました。

以前、タイはまた、特にCovid-19のさまざまな新しい亜種に対して、ワクチンについて疑問を持ち始めたと報告されました。

Covid-19に対してどのワクチンが最適ですか? これがジョコウィの答え! COVID-19 | シノバック | ワクチン

インドネシア自体では、人々はシノバックワクチンの有効性を疑うようになりました。

その理由は、2回のワクチン接種を受けた多くの医療関係者がコロナウイルスにさらされているからです。

ジョコ・ウィドド大統領も声を上げた。 CNBCインドネシア月曜日(2021年7月19日)に引用された彼の公式Instagramページを通じて、国家元首はCovid-19と戦うための最良のワクチンを明らかにしました。

Covid-19に対してどのワクチンが最適ですか? これがジョコウィの答え! COVID-19 | シノバック | ワクチン

「健康プロトコルを守りながら、すぐにワクチンを接種しましょう。そうして初めて、私たちは一緒にこのパンデミックを終わらせることができます」と彼は説明しました。

Covid-19ワクチン接種のスポークスパーソンのシティ・ナディア・タルミジ氏は以前、現在の状況では人々はワクチンを選ぶ事ができないと述べました。 さらに、既存のワクチンはすべて一連の臨床試験を経ています。

「もちろん、パンデミックの間、すべてが臨床試験を経ているので、ワクチンを選ぶことはできません」とナディアはCNBCインドネシアに語った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

5 thoughts on “Covid-19に対してどのワクチンが最適ですか? これがジョコウィの答え!

  1. >Covid-19ワクチン接種のスポークスパーソンのシティ・ナディア・タルミジ氏は以前、現在の状況では人々はワクチンを選ぶ事ができないと述べました。 さらに、既存のワクチンはすべて一連の臨床試験を経ています。

    1、中国製ワクチンは治験を公表していません。臨床試験の結果を公表していないことに成ります。
    2、変異を繰り返している今当初の臨床試験にどれほどの意味合いがあるのでしょうか?

    個人的な見解ですが、新型コロナの様に変異を繰り返すウィルスに変異に対応出来ない不活化ワクチンを用いた事自体が間違いなのではと考えます。

  2. >Covid-19ワクチン接種のスポークスパーソンのシティ・ナディア・タルミジ氏は以前、現在の状況では人々はワクチンを選ぶ事ができないと述べました。 さらに、既存のワクチンはすべて一連の臨床試験を経ています。

    1、中国製ワクチンは治験を公表していません。臨床試験の結果を公表していないことに成ります。
    2、変異を繰り返している今当初の臨床試験にどれほどの意味合いがあるのでしょうか?

    個人的な見解ですが、新型コロナの様に変異を繰り返すウィルスに変異に対応出来ない不活化ワクチンを用いた事自体が間違いなのではと考えます。

    1. コメントありがとうございます。

      1、中国製ワクチンは治験を公表していません。臨床試験の結果を公表していないことに成ります。

      インドネシア政府側は、国民にこのような事は、公表せずに、進めているようです。
      今朝ほとありましたが、大統領のインスタに、変異体には、どのワクチンが良いのか?聞かれている物がありましたが、
      答えていませんでした。答えられないのか?知らないのか?
      わかりません。

      2、変異を繰り返している今当初の臨床試験にどれほどの意味合いがあるのでしょうか?

      感情で訴えないと、言う事を聞いてくれない、または、説明したら、そこから誤解が生まれ、デモなどが起きたり、暴動になるのを
      恐れているのように見えます。

      「御免なさい」という勇気があれば、良いのですが。

  3. すいません重複しました。

    ジョコウィ大統領は当然把握していると思います、前保健省の大臣から指摘された筈です。
    中国にしても不活化ワクチンの特性は分かっています。
    まさか、このような世界拡大するとは想像していなかったのではと思います。
    1番罪が深いのはWHOだと思います。
    治験を公表していない中国製ワクチンを承認してしまった。
    WHOのトップは大量殺人者です。

    1. ありがとうございます。

      WHOと言えば、どうしておC国や薬品メーカー(投資家を含め)が見え隠れします。
      さまざまな手を売ってきます。
      やはりこれが最大の問題点ではないでしょうか?

      誰が悪いにしても、インドネシアで、早く修正をしないといけない事は
      わかってきましたね !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。