タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

SARS CoV-2(コロナウイルス病-2019 / Covid-19)ウイルスによって引き起こされた病気に苦しむ新しい患者の追加は3日間連続して減少しました

しかし、注意すべき他のデータがあるので、それはパンデミックがなくなったことを意味しません。

ご注意!ほぼ3人に1人がコロナの検査で陽性(新しい患者の追加は3日間連続して減少) COVID-19 | PCR | 新型コロナ

保健省は、インドネシアの陽性コロナ患者の総数は2,877,476人であると報告しました。

前日から44,721人を追加しました。これは2021年7月12日以来の最低の追加です。

2021年7月15日に56,757人の陽性患者が追加された記録に触れた後、その数は減少しています。

54,000人から、次に51,952人、そして昨日は44,721人でした。

2021年7月3日以降の緊急コミュニティ活動制限の実施に関する方針は成果を上げたようです。

人々の移動が抑制され、コロナウイルスの蔓延の余地が狭まりました。

緊急PPKMでは、非必須および非重要セクターの労働者は、自宅で100%勤務する必要があります。 対面試験を行った後、教育と学習活動は再び遠隔で行われた。

レストランや屋台は、その場で飲食する訪問者にはサービスを提供せず、持ち帰りまたは配達のみを提供する場合があります。

ショッピングセンターやモールは一時的に閉店する必要がありますが、定員が50%に制限されており、20:00に閉店する必要がありますが、日用品を販売するショップは引き続き開店できます。

これらの兆候は、住民の動きにブレーキをかけることに成功したようです。

その結果、コロナウイルスの感染速度が遅くなった可能性があります。

しかし、それは私たちがリラックスして警戒心を弱めることができるという意味ではありません。

パンデミックはまだ終わっていないからです。

<中略>

しかし、心配なことに、検査数に対する陽性症例の発見の比率(陽性率)も増加しています。 2021年7月15日で、陽性率は29.3%に達した。

これは、中華人民共和国湖北省武漢市で最初に蔓延した致命的なウイルスの検査で陽性を示した人のほぼ3人に1人を意味します。

2021年7月3日から15日まで、平均陽性率は26.56%で、コロナウイルスの検査で陽性となった人の少なくとも4人に1人でした。

 過去13日間の平均である20.99%よりも高い。

世界保健機関の推奨によれば、陽性率は5%未満である必要があります。 5%を超える場合は、高すぎることを意味します。 20%以上のインドネシアはどうですか…


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。