タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Jokowi Bongkar Bansos Covid
yang Penyalurannya Masih Seret

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 20/07/2021 06:12 WIB


ジョコウィ大統領は、コロナウイルスによる経済的圧力に対処するために恵まれない人々を助けるために支払われた社会援助支出の実現と緊急PPKMの実施はまだ遅いと述べた。

彼によると、社会的支援には少なくとも3つのタイプがあり、実現はまだ難しいとのことです。

まず、中小企業への支援

ジョコウィ氏は、政府が中小企業労働者に13.3兆ルピアの支援を予算化したと述べた。 514の地区/都市の中小企業労働者に支援が支払われます。

しかし残念ながら、これまでに支払われたのはわずか2.3兆ルピアでした。

第二に、社会的保護の形での支援

ジョコウィ氏は、援助の提供を実行するために12.1兆ルピアの予算を組んだと述べた。

「でも実際はわずか2.3兆ルピアです。人々が待っているにもかかわらず、まだ20パーセントにも到りません。」と彼は月曜日に大統領事務局Youtubeチャンネルで放送されたインドネシア中のすべての地域長への大統領ブリーフィングビデオを通して言いました(7月19日)

第三に、援助の間、所得補助の村への寄附金

ジョコウィ氏によると、政府は今年、72兆ルピアの村への寄附の予算を費やしたという。

その金額のうち、28兆ルピアが所得補助に割り当てられ、コロナウイルスによって引き起こされた経済的圧力に対処する際に恵まれない人々を支援しました。

しかし残念ながら、彼が地域の長に指示を与えるまで、支払われた村のこの所得補助は5.6兆ルピアにしか達していない。

「まだ25%未満です。これを加速するようお願いします。この状況で、予算配分の加速は人々は、大いに期待しています」と彼は言いました。

社会的支援を配布することに加えて、ブリーフィングで、ジョコウィはまた、コロナウイルスの取り扱いについて地域の長に思い出させました。

ジョコウィ氏は、WHOが、新しい亜種が再び出現する可能性があるため、コロナパンデミックが予想よりも長く続く可能性があると警告したと述べた。

その上で、彼は地域の首脳に、それが引き起こす社会的および経済的影響とともに問題の解決に焦点を合わせるように求めた。

「パンデミックは予想よりも長くなる可能性があります。これは私たちが長い息をする必要があることを意味します。

したがって、ワリコタによってサポートされている知事、市長、摂政に、コビッド疾病対策側と経済の両方からこの問題に焦点を当てるようお願いします」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

2 thoughts on “ジョコウィ大統領は、遅い「コロナ社会支援」を暴く!(各地方行政の怠慢)

  1. ジョコウィ大統領の政策は本末転倒ですね。
    本来すべきは新型コロナから国民を守ること、それが企業支援にも繋がります。
    単純なことです、有効力のあるファイザーやモデルナワクチンを国民数手に入れる。
    その為にあらゆる手を尽くす、これだけです。

    ワクチン接種が進んでも有効性の低い製品を使用して居れば感染者は減りません。
    感染者が増加すればロックダウン、結果減少すれば解除、この繰り返しに成ります。
    この繰り返しで企業・国民共に疲弊して行きます。

    政府は税金で運用していますから収入が無くなる事はありません。
    しかし企業や一般国民は違います。
    中国製ワクチン、『ただほど高いモノは無い』に成ります。

    1. ありがとうございます。

      この「暴く」という言葉について、かなり考えました。翻訳アプリをみてもかなり考えたのですが、
      大統領自身も「Youtube」、言っていますが、この緊急事態はもっと伸ばさないといけない!そうです。

      そんな苛立たしさも感じました。
      言い訳を言っているのではないと言いたのでしょうが、
      先日のある大臣がこのような状況下で、アメリカに行って、投資の話までしてきた、
      ということで、怒ったそうです!
      もう半分パニクっているようにさえ、感じてしまいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。