タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ternyata Ini Alasan Crazy Rich RI
Ngotot Pergi ke AS

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
20 July 2021 10:20


インドネシアでのCovid-19症例の急増の真っ只中に、多くのインドネシア市民が現時点で米国に旅行することを決定したことが判明しました。

それは単なる休暇ではなく、この上流階級の人たちの関心は、アメリカで接種できるワクチンの予防接種を受けるためと同時に、卒業シーズンで米国に旅行することであることがわかりました。

これがCrazy Rich RI(インドネシアの馬鹿なお金持ち)が米国に行く理由があります! ”ワクチンツアー・パッケージ” COVID-19 | ファイザー | モデルナ

知られているように、ジョー・バイデン大統領が率いる国は、観光ビザを使用してそこを訪れる外国人に、ファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンブランドの注射へのアクセスを与えました。

この機会は、インドネシアの旅行代理店のビジネス関係者によって無駄されませんでした。 多くの旅行代理店エージェントもこの瞬間を利用して、インドネシアの上流階級に好評だったワクチンツアー・パッケージをアメリカに提供しました。

「現在、値段が高いので混んでいないと言われています。

でも今は卒業シーズンなどアメリカでのニーズがあるのでアメリカへの旅行が多いですよね? その後、親戚を訪ねるなど」

インドネシア旅行代理店協会(アスティンド)のDPPポーリン・スハルノ会長は、月曜日(2021年7月19日)にCNBCインドネシアに語った。

ポーリン氏は、このサービスの料金は、旅行の長さと使用するワクチンの種類に応じて、1400万ルピアから3000万ルピアであると説明しました。

 たとえば、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンの場合、注射量は1回であるため、アメリカでの滞在期間はわずか5〜6日です。

 したがって、提供されるパッケージはより安くなる可能性があります。

一方、2回の注射が必要な他の種類のワクチンは、米国に滞在するのに時間がかかるため、価格が高くなります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。