この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Wagub DKI Harap Revisi Perda Covid
Tak Bikin Warga Panik

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 21/07/2021 20:00 WIB


ジャカルタ副知事アフマッド・リザパトリアは、Covid-19管理に関する2020年の地域規制(ペルダ)第2号の改正が人々をパニックに陥らせないことを望んでいます。

ジャカルタ州政府は現在、これらの規制の変更に取り組んでいます。

その理由は、これまでのところ、規制は健康プロトコルに違反する人々に抑止効果を提供するのに効果的ではなかったからです。

「2020年の地域規制第2条の修正案に刑事制裁が適用されても、国民がパニックに陥らないことを願っている」とリザ氏は水曜日(7月21日)のジャカルタ州議会で演説した際に述べた。

改訂されたドラフト地域規制のコピーには、ジャカルタ州政府がいくつかの新しい規則を含めています。それらの中には、健康プロトコルの違反者に対する刑事制裁を規制する第32A条および第32B条があります。

そのうちの1つは、約3か月の懲役、またはマスクを繰り返し着用しない居住者に対する最高50万ルピアの罰金です。

改正された規則案はまた、事業所、事務所、公共交通機関(輸送申請会社を含む)の責任者、レストランの所有者、カフェ、健康プロトコルの違反を繰り返すレストランの懲役が含まれている。

規則案では、過ちを繰り返した者は、最大3か月の懲役、5,000万ルピアの罰金、および許可の取り消しを宣告される可能性があります。

このゲリンドラ党の政治家は、改訂された地域規制が、パンデミックの間、健康プロトコルの実施において規律を維持するという国民の意識を高めることを望んでいます。

「国民は、彼らが健康プロトコルを無視するとき、刑事制裁の形での法執行が待つことを理解しなければならない」と彼は言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。