この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Enam Jenis Bansos yang Digelontorkan di Era PPKM Level 4

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 22/07/2021 11:20 WIB


政府は、COVID-19のパンデミックの最中、特に「緊急活動制限」のレベル4の実施の最中に、コミュニティの負担を軽減するためにさまざまな社会的支援を用意しました。

政府はどのような社会的支援を行う準備ができていますか?

1.  ファミリーホーププログラム(PKH現金援助)

政府は2021年7月に一度に3か月分の現金援助を提供します。PKHの予算資金は2021年に28.31兆ルピアです。            

政府はニーズに従ってPKH援助を配布しています。たとえば、幼い年齢の家族や妊婦の場合、与えられる資金は300万ルピアです。

そして、小学生の子供がいる家族は、90万ルピア、中学生が150万ルピア、高校生が200万ルピア、障害者や高齢者が240万ルピアを獲得できます。

2.  電気代割引

政府は、450VAおよび900VAの顧客に対して電力割引を拡大します。この期間は2021年9月まで有効です。

この割引は、PT PLN(電力会社)の3,260万人の顧客に提供されます。彼らは50パーセントの割引を受けます。

一方、900 VAのお客様は、請求額が25%割引になります。与えられた割引の割合は前の50パーセントから減少しています。

3.  現金社会支援(BST)

政府は社会省を通じて、各受取人に対して月額30万ルピアの現金を用意している。この支援は、2021年4月に廃止された社会支援プログラムです。

社会的支援は1000万人の受信者に与えられます。政府は、2021年7月に2021年5月と6月の期間分を同時に配布し、各受信者が60万ルピアを受け取るようにします。

4.  スンバコカード

政府は基本的なスンバコ※カードを1880万人の受取人に配布します。提供される援助は、受取人に月額20万ルピアです。
この支援は、銀行と協力して食料品店やe-warongで食料を購入するための電子口座を通じて提供されます。 

※参考資料:スンバコ

Sembilan(9)Barang(物) Pokok(重要)という3つの単語の略で9種類の生活必需品を意味しています。主に油、米、砂糖、塩、卵、牛乳、各種肉/魚、とうもろこし、灯油は、インドネシア人にとって最も必要な物

5.  米10kg

 政府は10kgの米の形で支援します。米は1880万人の基本的なフードカードの受取人に与えられます。
さらに、1,000万人のBST受給者にも米が贈られます。政府は米を配布するために3.58兆ルピアを割り当てた。

6. BLT Subsidi Gaji

政府は、緊急活動制限(PPKM)レベル4の実施によって影響を受ける地域の非必須および非重要部門の正規労働者に対する給与補助金の形で直接現金援助(BLT)を準備しました。

 給与補助金の受給予定者は、BPJS(社会保障・医療保障制度)雇用に登録されている人です。将来の受給者のデータは、労働省に提出されるBPJS雇用によって検証および妥当性確認されます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。