タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ingat! Tenaga kerja Asing
Tidak Lagi Bisa Masuk ke Indonesia

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Kamis, 22 Juli 2021 | 17:57 WIB


法務人権大臣のヤソンナ・ラオリー氏は、以前は国家戦略プロジェクトの一環としてインドネシアに来ていた外国人労働者は、もはやインドネシアに入国できないと述べた。

お気をつけて! 外国人労働者はもはやインドネシアに入国できない COVID-19 | PPKM | ビザ

「以前は国家戦略プロジェクトの一環として、または家族の理由で来た外国人労働者は、もはやインドネシアに入ることができない」と水曜日(7月21日/2021年)

これは、緊急コミュニティ活動の制限の施行中にインドネシアの領土に入る外国人の制限に関する2021年の法務人権省番号27の規則で規制されています。

Covid-19の蔓延を抑えるため、インドネシアへの外国人の入国制限の拡大が行われています。

しかし、法務人権省規則では、

インドネシアに入国できる外国人は、

公用ビザ/外交ビザ/公用滞在許可/外交滞在許可保有者

限定滞在許可と永住許可の保有者のみであると述べられています。

それから、健康と人道目的の外国人、そして彼らの輸送手段を持って来た輸送乗組員と

ヤソンナ氏が言いました。

この法務人権省規則は、新しい習慣の適応期間におけるビザと滞在許可に関する2020年の法務人権省規則26番に代わるものでもあります。

参考資料:https://www.tokutenryoko.com/news/passage/13050

来イのための詳細をお知りになりたい方は、日本国内のインドネシア旅行代理店でお尋ねください。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。