タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kedubes Jepang Sebut 2.000 Orang Segera
Tinggalkan Indonesia

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
22 July 2021 18:40


インドネシアでのCovid-19症例の急増により、外国人(WNA)が国を離れるために群がりました。

日本は、国民がインドネシア共和国を離れるのを支援する取り組みを加速させている国の1つです。

2,000人の日本人はまもなく、インドネシアを去る!(日本大使館) COVID-19 | ワクチン | 新型コロナ

ジャカルタの日本大使館は、これまでに約2,000人の駐在員がインドネシアから母国に戻りたいと望んでいると述べた。

本国送還は主に本社の指示によるものでした。

ジャカルタの日本大使館は木曜日(2021年7月22日)にCNBCインドネシアに語った。

大使館は、日本政府側からは、帰国を希望する市民を全面的に支援していると語った。

また、入国時の割当制限も免除されます。

ただし、その後帰国する住民は、11日間の検疫を受ける必要があります。

検疫パッケージは40万円から50万円(1円131ルピアとすると5200万ルピアから6500万ルピア)の費用で提供される。

「取り扱うのはするのは民間です。乗客は自分でお金を払うでしょう」とインドネシアの日本大使館は付け加えました。

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。