タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kisah Dokter Beri Ivermectin kepada Pasien Covid-19,
Ada yang Saturasi 88

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Senin, 26 Juli 2021 05:42 WIB


多くの医師が、Covid-19患者にイベルメクチンを処方すると主張。

これらの医師はまた、Covid-19の感染を防ぐための努力としてイベルメクチンを使用することを認めています。

2021年7月25日日曜日にFront Line COVID-19 Critical Careが開催したイベルメクチン世界デーウェビナーで、これらの医師は、病院でCovid-19患者とイベルメクチンおよびその他のCovid-19薬を服用している患者をどのように扱うかを説明しました。治療、外来患者と自己隔離について

Covid-19患者にイベルメクチンを与える医師の話、酸素飽和度88の人が居た! COVID-19 | イベルメクチン | ワクチン

内科スペシャリストのハディアンティ氏は、Covid-19患者にイベルメクチンを投与すると述べた。

「薬を要求し、他のいくつかの薬を拒否する患者がいます」と、7人の患者にイベルメクチンの使用を説明したハディアンティ氏は言いました。

彼は2021年2月に治療したCovid-19患者の例を挙げました。

患者は52歳の男性で、糖尿病、心臓病、肥満3型、体重140キログラムを併発しており、すでに人工呼吸器を使用しています。 「私が自信を持ってイベルメクチンを使用するのはこれらの患者です」と彼は言います。

ハディアンティ氏は、患者の肺に(*)サイトカイン・ストームがあったと述べた。サイトカイン・ストームは、ウイルスを追い払うための免疫系の過剰反応です。これらのタンパク質であるサイトカインは、感染した組織を満たし、炎症を引き起こします。


(*)サイトカイン・ストーム:

感染の量が多くなると、炎症の量も多くなり、サイトカインも大量に放出されます。それをサイトカインストーム(サイトカインの稲妻、サイトカインの暴走、免疫暴走)と呼んでいるのです。


<参考資料>

新型コロナウイルス感染とサイトカインストームと血栓症の関係について


その後、ハディアンティ氏は、サイトカイン・ストームに対処するためにWHOが推奨するCOVID-19薬であるアクテムラ(トシリズマブ)を服用するよう患者にアドバイスしました。

しかし、患者は拒否しました。 「彼はイベルメクチンを選んだ」と彼は言った。次に、ハディアンティ氏は、各患者の状態に適した用量でのイベルメクチンの使用の言及をしました。

イベルメクチンを5日間服用した後、ハディアンティ氏は患者の状態が改善したと述べました。彼はまた、患者のX線とCTスキャンを示しました。肺にサイトカイン・ストームがあることを証明する胸部X線写真から、それは正常です。患者は病院で12日間過ごし、その後、自由意志で2週間自宅療養でイベルメクチンを服用し続けました。

高血圧や喘息などの併存疾患を伴うイベルメクチンを服用している他の6人のハディアンティ氏の患者もいます。そのうちの1人は74歳で、自己免疫性シェーグレン症候群もあります。ほとんどがインターロイキンまたは肺のサイトカイン・ストームに徐々につながる状態を持っていました。

それらのいくつかは、ファビピラビルやレムデシビルなどのCovid-19薬物療法も受けています。 「これらの患者は全員、イベルメクチンの使用を承認したと述べており、最初に服用した患者もいます」と、Covid-19感染を予防するためにイベルメクチンを服用しCovid-19ワクチン接種を受けたハディアンティ氏は述べています。

産婦人科医のフィルマン・アブドゥラー氏は、彼自身と彼の家族のためにイベルメクチンを使用していると述べました。

「イベルメクチンは動物用の薬であり、人間に投与できるようになってから10年が経ちましたが、安全であることを学びました」と彼は言いました。

さまざまな参考文献から、フィルマン氏は、イベルメクチンはウイルス複製を阻害できるため、通常、E型肝炎の治療に使用されると述べています。 「私は最初に自分自身と私の家族にそれを試しました」と彼は言いました。 Covid-19にさらされたフィルマン氏の子供も、入院初日からイベルメクチンを服用しています。 「日々、状態は改善し、治療期間が短縮され、重症度が軽減されています。」

フィルマン氏は、Covid-19にさらされ、自宅で自己隔離していたパートナーである夫と妻にイベルメクチンを与えたと述べた。彼らは80歳で、酸素飽和度は89と91でした。そのうちの1つには、8つのハートリングが取り付けられていました。 「現在、彼の状態は安定しており、改善している」と彼は言った。

さらに、

ハディアンティ氏とフィルマン氏に沿って、外来の一流医療施設で診療を行っている医師イワン・グナワン・クスマハニ氏は、イベルメクチンの肯定的な印象を伝えました。 「私は2021年6月にイベルメクチンを服用し始めました。」

おそらく先月に、イワン氏は抗原スワブとPCRテストの両方の結果に基づいて38人のCovid-19患者を治療しました。すべての患者のうち、2人が子供で、他の2人が拒否したために、彼がイベルメクチンを与えなかった4人の人々がいました。

彼によると、ほとんどの患者はこの薬が物議を醸していることをすでに知っています。そのため、イワン氏は最初にイベルメクチンが寄生虫薬として知られていることを説明し、患者が薬物療法としてイベルメクチンを使用することに同意したと述べました。 「私は2つの薬、すなわちイベルメクチンとビタミンD3だけを処方します」と言いました。

残りは症状に応じた治療です。 「熱がある場合は、パラセタモール、咳、手頃な価格の咳止め薬を服用してください」と言いました。健康的なライフスタイルを取り入れ、栄養価の高い食べ物を食べ、喫煙者の喫煙をやめ、毎朝15分間日光浴をするという魅力を忘れないように伝えました。

イワン氏は、彼が扱ったCovid-19患者の1つの興味深い症例があったと言いました。患者は64歳の男性で、併存症の病歴はありませんでしたが、30年間活発な喫煙者であり、過去5年間は禁煙していました。治療中、この患者の酸素飽和度は88を示しました。数日前には82にさえ達していました。彼は嗅覚を失い、吐き気を催していました。


血中酸素飽和度とは血液中の酸素の量の事でSpO2と呼ばれています。値は%で表し、血液中の酸素の濃度が満タンだと100%、正常値で99~96%と言われています。


原文は続きます!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。