タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Penumpang dari Bandara Soekarno-Hatta Tak Lagi Wajib Bawa STRP,
Ini Aturan Terbarunya

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
26/07/2021, 19:52 WIB


タンゲラン市のスカルノハッタ空港からの乗客は、今週の月曜日(2021年7月26日)からの搭乗の条件として、労働者登録証明書(STRP)を携帯する必要がなくなりました。

これは、月曜日にスカルノハッタ空港、支局コミュニケーションのシニアマネージャー・ホリックムアルディ氏からKompas.comよって確認されました。

スカルノハッタ空港からの乗客はSTRPを携帯する必要がなくなる。(最新のルール) COVID-19 | 新型コロナ

Covid-19パンデミック期間中の国内の人々の旅行の規定に関する2021年のCovid-19処理タスクフォース番号16の回覧に基づくSTRPをもたらすための規定は必要ありません。

この規定は、月曜日にジャカルタで、国家防災庁の長で、Covid-19処理タスクフォース・中将ガニプ・ワルシト氏によって署名されました。 「私たちは2021年のタスクフォース(Covid-19)番号16を参照します」とホリック氏は言いました。

彼は、スカルノハッタ空港からの将来の乗客は、少なくとも最初の投与量のCovid-19ワクチン接種書と、出発の2×24時間前にサンプルが採取されたPCR検査結果が陰性である必要があると述べました。

したがって、将来の乗客は、政府によって発行されたSTRPまたはその他の証明書、または職務階級IIレベルの機関の長からの割り当て命令を携帯する必要がなくなります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。