タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bio Farma telah produksi 90,1 juta dosis
vaksin COVID-19 hingga 26 Juli 2021

オンラインメディア「antaranews news」が伝えています!
Selasa, 27 Juli 2021 11:39 WIB


食品医薬品局によると、PT Bio Farma(ビオファーム社)は、2021年7月26日時点で約9,010万回のCOVID-19ワクチンを製造しており、そのうち6,580万回が放出ロットを受け、残りの2,430万回はまだロット放出が保留されています。

火曜日のプレスリリースで、ビオファームのコーポレート・部門兼スポークスパーソンであるバンバンヘリヤント氏は、COVID-19ワクチンを完成品とバルク品の両方の形で提供するプロセスが続いていると述べた。

9,010万回分のCOVID-19ワクチンを製造!(ビオファーム社、2021年7月26日まで) COVID-19 | アストラゼナカ | シノバック

彼は、2020年12月6日から2021年7月22日までにインドネシアに入ったワクチンの数は約1億5190万回分であり、シノバックから原材料分で1億2350万回分、その他、アストラゼネカ、およびモデルナで2240万であると述べた。

バンバン氏によれば、チェックプロセスで使われるワクチンは、最終製品の形のCOVID-19ワクチンだけでなく、バ​​ルクワクチンに対しても実行されます。

バルクワクチンの場合でも、完成品パッケージのワクチンと比較して、より長いチェックプロセスが実行されます。

したがって、ビオファームは、受け取ったワクチンを地区/市の保健所に直接送ることはできません。

たとえば、シノバックから受け取った原材料ワクチンの種類については、ビオファームは、施設での充填と仕上げのプロセスにて、社内の品質管理による内部テストなどの確認を実行する必要があり、品質保証からリリースまでの許可を取得する必要があります。

ビオファーム社バンバン氏が言った。

充填と仕上げのプロセスが完了した後でも、完成したCovid-19ワクチン製品は、BPOMによって発行されるロットのリリースを待つ間、再度確認プロセスを経る必要があります。

公衆に使われる最終製品ワクチンとは異なると彼は述べた。

最終製品形のワクチンは、一般に使用される前に、BPOMからのサンプリングテストプロセスを受けます。

バンバン氏は、COVID-19ワクチンの大部分で、充填および仕上げるすべてのプロセスで、注意すべきことがあると付け加えました。つまり、COVID-19ワクチンを製造する各プロセスでの減少です。

「それが、バルク形態で受け取られる用量が、それが最終製品になるときの用量と同じにならない事である」と彼は言った。

「通常、受け取ったバルク量よりも10〜15%少なく、ビオファームが受け取るワクチンの原材料・用量1億4000万回という目標から、製品として、すぐに使用できるワクチンの投与量は約1億2250万回になると推定されています。」と彼は続けた。

この減少は、どのワクチン製造プロセスでも正常であり、世界中のどのメーカーでも発生します。これは多くの要因によるものです、

製造プロセスから始まり、現場でのワクチン投与プロセス中にも起こります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。